そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

超星艦隊セイザーX#9「史上最悪の三日間」

『いやぁバカでよかった』『誰がバカなんだこのヤロー!』


ダメだ、やはりまだ序盤の神展開が忘れられない…でもこれで普通なんだよね…って、普通か?(笑)
ということで、見終わってよく考えたらメカもロボも戦闘シーンすら殆どなかったよ?子供にはちょっと退屈だったかも。大体密室の会話劇なんて、大人しか面白がらないだろ。オレは大人だから面白かったけど。でもやっぱりこの人たちは走ってナンボって気がしますよ、熱血バカなんだから。それをあえて狭い所に閉じ込めてお話させようってんだから、一体どんなことになるのやら…と思ってたけど、予想以上に面白かった!やっぱりバカはバカだったな。


一日目。たっくん今回のバイトはサンドイッチマンティッシュ配り。ビルの屋上にカプセル反応、たっくん、レミーからの連絡で現場に向かうも、なぜエレベーター内で装着せねばならんのだ?完全にスパイダーマン状態なんだけど、なぜ気がつかないOL?パンダビルの社長と部長はパンダ似?アヒル似?気がつかれなかったんなら恥ずかしくはないだろ、たっくん。
それはいいけど屋上に着くなり跳び蹴りくらわせながら『すっげぇ恥ずかしかったじゃねぇかよ、このヤロー』って、ブレアードだって『意味が判らん!』ていうよ、そりゃ。いくら何でも突然ツッコむなよ。ブレアードのせいじゃないし。でもカワイイから許す。つーか、エレベーター内で変身するほうが恥ずかしいよたっくん。
ブレアードは珍しく頭使ってて、しかもこれは楽で且つ海賊らしい見事な作戦!と思い気や、何でそんなことになるのか。気がつけよ。
ごみ捨て場に閉じ込められるたっくんとブレアード。バカ同志、妙に気が合ったり。ブレアードをチョコで餌付けかと思いきや、落ちた物が食べられないと意外と繊細なことをいう海賊。3秒ルールとかいいながら落ちたチョコを食っちゃうたっくん。ああ、餌付けの夢破れたり(笑)
そういやケインも装着したままエレベーターで屋上へ。それがセイザークオリティ?まさかアドは…?
二日目。たっくんのことを心配する安藤家の人々とセイザーチーム。ブレのことは全く心配しない、どころか気にも掛けてない海賊たち。気の毒ブレ(´Д⊂ヽ
アドの、拓人がいないと戦いが不利になるから…は本心じゃないよな?まあ、そんなこと言ったら責められても仕方ないけど。ケインは『友達だから』とストレート。素直になれよアド。
その頃当人達は身の上話をしたり、戦う理由を打ち明けたり。突っ込み同志でもそれなり気が合ってて、結局似た者同士ってことで意気投合…はナゼかしない所がまた妙な二人ですね。戦って疲れて仲良くごみ捨て場で寝ちゃったり。ボロ布を掛けてやるあたり、たっくんエエ子や。お休みの挨拶も忘れずに。意外と海賊は気がイイ奴だな。
三日目。一夜明けたら妙に仲良しブレとたっくん。何を盛り上っとる?そして海賊、コイツもまた戦いたくない人なのか。どうなってんだ、ここの海賊連中。結局サイクリードのせいで窮地に陥るが、二人力を合わせてごみ捨て場を脱出するることに成功。で、また妙なとこが律義でプライド高いブレアード、たっくんを海賊船から放りだしてくれるなんてイイ奴だな。
空から人が落ちてきても気がつかないOLが夢中になってるのは、パンダビルの副社長と専務の話って。『ひどすぎる…』のは落とされたことか、気がつかれないことか?(苦笑)
三日間行方不明だったたっくんを何も聞かずに迎えてくれる安藤家の人たちに較べて、てっきり心配してくれてるものと思っていたブレは、海賊幹部の余りの仕打ちに男泣き(笑)いやあ、お前ら繊細すぎ。
史上最悪というサブタイのわりにたっくんはブレの名前なんか呟いちゃって、嬉しそうですね。恋か、恋なのか?(笑)


つーことで、何というかこいつらカワイ過ぎですよ。いろいろ萌え(笑)何か完全にキャラはたってるなあ。
しかし脚本も然ることながら、細かい演出が意外と効いてますよ。これもよそ見してると十分楽しめない番組ですね、要注意。とりあえず意味深なカットで、何やら謎を臭わせている船長の秘密は来週明されるのか?そしてそんなにも船長に傾倒している海賊達の理由は?


今日の一言。出かけるときは行き先を知らせよう。でもたっくんはもう大人だろ。どうもたっくん見てると高校生にしか見えんよ。