そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

魔法戦隊マジレンジャー#44「君にかける魔法」

『体が離れてしまっても、愛し合ったって記憶があれば人は強くなれるものよ』


早い、早すぎる展開だ!好きだと言ってプロポーズ、即結婚!?それが天空聖者クオリティか?いや別にオレはヒカル先生大好きですが、別に麗ちんと結婚するのは構いませんよ。そんなことには突っ込みませんよ。ああそうですよ…(*`θ´*) ぷんっ


というか、あとこの話入れて3回なんだっけ?なんつーか、そのわりに気持ちとして盛り上がらないような…何といえばいいか、ストーリー的には破綻なくラストに向けて進んでるんで文句言うところはないんだけど、何か足りないんだよなあ。
その原因を考えると、結局第三部の冥府神編になってからあまりにも予定通りの展開過ぎるってことなんだよね。響鬼の後半で、建て直しのために無理やり話を構成し直してかなり強引に畳みかけていったのと手法としては同じなんだけど、最初からそのために余裕をもって構成してたマジとあれもこれもと詰め込んだ響鬼という違いかなあ。あと脚本が統一されてるかどうかかな?その辺が盛り上がりのパワーに欠ける原因かと思うんだけど。それがこのヒカル先生と麗のエピソードに現われたかなって気がしますね。
登場時から麗との因縁があるような描き方をしているから、今回みたいな展開でも不思議はないというか予想通りなんだけど、そのための細かいニュアンスみたいなところがあまり感じられなかったのが残念なんだよね。翼が「好き同志なのは判ってた」と言ってるけど、そういう部分で膨らましたところがあまり感じられなく、どちらかというと各脚本がタイムテーブルにそう書いてあるからここでヒカル先生と麗を絡ませました…って程度の描き方だったと思います。そこが情感に訴えて来ないというか。
同じことが冥府神にもいえて、冥府神は個々のキャラは立ってるんだけど多分子供にはあまり判ってなかったから、冥府神編になってから子供受けが悪いんじゃないかしら?オレがあまり冥府神のことを突っ込まなかったのはそっち側の展開がツマンなかったからなんだけどさ。
こないだのティターンがン・マ復活に反対したのもスフィンクスが地上界に理解を示して神罰執行に反対したのも、理由がよく判らんのですよ。スフィンクスが地上界に興味を持ってたのはずーっと描いていたんだけど、その興味を持った理由が判らないから訴えかけてこない。最初の方で命を助けられたとかなら判るんだけど、スフィンクスは何となく興味を持ったから、ティターンにしても芳香に説得されただけ。ちょっとそういう表面的なストーリーラインしか見えてこなかったから、クライマックスのはずなのに感情的に盛り上がらないような気がします。話だけ追いかけると面白いんだけどね。


その辺の、盤上のコマを動かすみたいなストーリー展開がマジの場合は下手に全体のレベルが高かっただけに残念だったかも。魔法使い側のキャラの掘り下げはもう済んでるはずだからあとは単にそれをクライマックスに向けての展開に絡めながら困難を課すくらいでよかったのに、妙に中途半端になっちゃった感じ。そうですね、クリスマスエピのときの魁とヒカル先生みたいな話レベルで困難を乗り越える話が欲しかったなあ。他はどうも「ちょっと惜しい」って感じが多かったような。まあこれはあくまでもオレの見た感じですが。
比べるのもちょっと違う気がするけど、その点響鬼の白倉&井上コンビの強引で破綻寸前だけど面白さ優先、情感に訴えるような熱い何かはやはり特筆すべき資質なのかも。
そういやオレはたまにしか公式も見に行かないしスタッフとか気にしてないんだけど、この終盤になって初めてちゃんとチェックしてみたらどうも渡辺監督の話が好きみたいですね。次が竹本監督かな。好きな話はこの辺にかたまってるみたいです。
って何かもうマジの総括になっちゃったけど。


一応今回の話のツッコミも。
麗ちゃんとヒカル先生のデート話なんだけど、すでに家族同様のヒカル先生がホントの家族にという話。展開早すぎる(笑)しかも麗ちゃんから告白。二人のデートのお膳立てをする猫と草。気が利いてるニャー、と思ったら兄弟全員デバガメ(笑)デートファッションは妙にしっくりすると思ったらほぼ私服なんですね、なるほど。(いやヒカル先生のPコートがカワイイってだけです)
悩むヒカル先生に深雪さんがおノロケ話。いやあ勇さんと深雪さんはラブラブだね。その結果が子供5人…(笑)何か本当に家族の話だなあ(ほのぼの)
みんなの前でプロポーズのヒカル先生、魁のリアクションがイイ(笑)『君に特別な魔法をかけるよ』ヒカル先生のセリフくさすぎ…と思ったけど、イヤイヤこれくらいのてらいのなさは必要ですよ!これは使えますよ、皆さん!照れちゃダメ!
『別れたときには5歳だった麗が、我が家に帰れば花嫁か』お父さんは随分冷静、アニキの方がお父さんみたいだよ?
教会に白いハトはジョン・ウーからのお約束。もちろんハトが乱れ飛ぶような展開を期待しちゃうんだけど、とりあえずはつつがなく式を。芳香ちゃんに対する魁と翼の言いぐさとか、スモ神父とかイイネ。誓いのチューに今更照れるのはいいけど渋い顔でみんなを伺うヒカル先生にちょっと萌え(笑)
と思ったら来ました。来たのは瀕死のリンですよ。空気読めよ〜って思ったらやっぱり公式でもリンの中の人がそういってて笑った(笑)このシーンの公式の話は面白いね。
とか何とかそんなことをしているうちにスフィンクスはあっさりダゴン様に粛正されちゃうし、ええ〜っといううちにリンが天空聖界が全滅とか言うし。ええ〜〜〜っ!ン・マ様仕事早っ!冥府神はー?