そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

超忍者隊イナズマ!試写会&トークショー

http://www.toei.co.jp/event/event-now/inazuma/gaiyou.htm
イナズマ公式 http://ninja-inazuma.cocolog-nifty.com/
新宿文化センター 大ホール  2回目開演19:30 
◇出演俳優◇橋本 淳(細松/雷電 役)マジレッド、松本寛也(寒吉/閃電 役)マジイエロー、甲斐麻美(かぐや/紫電 役)マジブルー市川洋介桔梗屋輝之助/毒守宮 役)マジシャイン山内明日(いと/女郎蜘蛛 役)ルナジェル、伊藤友樹(小野木藤十郎/蟷螂鬼 役)マジグリーン菊地美香(寺田ジュン 役)デカピンク、載寧龍二(倉田宮敬直 役)デカレッド


ってことで行ってきました、イナズマ!試写会。
一回目は上映→トークショーだったらしいですが、二回目はトークショー→上映でした。トークショーが終わった途端、出待ちに走る人々が(苦笑)
トークショーは30分ほど。司会のお姉さんの会場への注意から忍者達の出てくる小芝居。そのあと俳優達が出てくる演出。その後、イナズマ組・悪組・未来組に分けてトークやゲームをしたりって感じ。元気いっぱいの菊地美香と前へ前への載寧に、いつも通りのマジレン組、兄貴はちょっとテンション低め。中身のソフトが(役柄の)用心棒ソフトだからと言ってた。

イナズマ組は江戸時代に生きてたら何やってるか?の質問に(面倒なので敬称略)橋本-役の細松と同じくビビりの町人、たぶん同じ感じだと。松本-何だろうと考え込んだところへの橋本の「飛脚」はお似合いだと思ったが誰にも拾ってもらえず(苦笑)何だっけ、殿様だとかなんだとか?甲斐-やっぱり町娘だっけな?
悪組は尊敬する人(なんでこんな質問?)山内-お母さん。みんなお母さんを大切にしようと言ったあとで親孝行してるかと聞かれて、「してませーん」と力いっぱい答える。市川-子供の頃から野球が好きなので、巨人の原辰徳コーチに憧れてた…という話はあまりに普通でそれ以上広がらず(笑)伊藤-クラーク・ゲーブルといって誰にも判って貰えず、載寧に話長くなる?と突っ込まれたりで「風と共に去りぬ」のバトラー大佐と説明するが微妙な空気、市川に判るよねといってうんうんという市川だがホントは判ってないでしょと突っ込まれ、有耶無耶に。(何なんだ?)
未来組はタイムマシンが使えたら何をするか?菊地-過去に戻って何で自分がこんなに小さいかを調べる。でも載寧にお母さんは普通に大きかったといわれて、未来の子孫が過去にやって来たらここからが小さいの始まりだったかーと言われるよということで決着。載寧-バブルの頃に行って豪遊する、体験したことないからと。
まあそんなとこ。
そのあとミニゲームといって組対抗で変身ポーズ合戦。イナズマ組・甲斐へのお題はマジシャインのポーズ。独自の解釈でポイントは「たまにエロい」(だったかな)でイヤ〜ンて感じのポーズ。うそっぱち(笑)
悪組は市川、デカレンジャーのポーズだがいかにもそれっぽいポーズで格好良いが、載寧&菊地に最後しか合ってないと突っ込まれる。未来組は載寧で、マージフォンを構えながらたぶん最後はデカポーズ。というかオレが変身ポーズを全く覚えてないのでさっぱりです(苦笑)
拍手の大きさで決めるといいながら結局ジャンケンで。負けたのは悪組で罰ゲームは青汁イッキ飲み。一回目もそうだったらしく伊藤はマジで嫌がってた。兄貴なのに。最終的に山内の青汁を橋本が飲んであげて後悔して、市川はイッキ飲み、場内から拍手、伊藤は最後までイヤイヤ飲んでた。気分悪そうだったよ(笑)
そのあとイナズマの主題歌を歌った水木一郎からのビデオメッセージがあり最後の挨拶とサインボール投げがあった。投げたサインボールはカゴの中から適当に2コずつ選んだらしいけど、最後の橋本淳のはいっちーのサインと塚Pのレア物サインボールだと。
てことでトークショーはお終い。今回そんなにきっちりしてなくてわりとグダグダだった様な気はする。ヒカル先生とマジブルーが夫婦の設定は至る所でネタにしていた。いっちーが男らしいとこ見せると言ってジャケットを脱いで中のタンクトップのモロ肌見せたり、寛也といっちーでなんかラブシーンもどきをしたり、載寧が意味なくしょーもないこと言ったりそんな感じ。
オレ的にはいっちーがいつも通りカッコ良かったってこともあるけど、菊地美香があまりに小さくて可愛すぎかと。本当にカワイかった、喋る声もカワイイし、なんだあの生き物って感じ。あれはファンにはたまらんよなあ。
あ、以外と内容覚えてましたね。やっぱり書くと思いだすよ。


イナズマの内容自体は発売日の時にでもレビューするとして、何つーか、戦隊のセオリーに乗っ取った&リスペクトな内容でした(笑)まさかそこまでやるとはねぇ。さすが塚P。
面白いかどうかは微妙?45分にとにかく詰め込んだって感じかな。流れは多少強引で盛りだくさんすぎて山ばかりってとこか。まあ単純に役者達を楽しむでいいと思うな。いっちーが悪役にノリノリなのと、とにかく橋本淳が可笑しかった。メイン以外にもチョイ役でマジからいろいろ出てたみたい。