そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

スーパー戦隊祭 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!

http://www.toei.co.jp/movie/details/1190404_951.html

やー面白かったです。面白かったけど、VSシリーズで60分は長すぎる。相変らず何の前情報もいれていかなかったせいで、「おかしいな、まだ終わらねー。やたら長いなあ‥‥?」と思いながら見てしまったよ(苦笑)
つーことで長い。
面白いは面白いんだけど途中の展開が同じテンションで続くんで、キャラとネタでもたしてはいるんだけど、やっぱり大きな流れがないから弛れるんだよなあ。45分ならもうちょっとコンパクトにまとまって見やすかったかも‥‥くらいだけど。
脚本、今回も靖子たんだけど、やっぱりVSはベテランの荒川さんが一番面白くストーリー転がせるような気はするよ。でもシンケンには参加してなかったっけ。まー殿のキャラで靖子たんかなとは思ったんだけど(殿、人見知りしすぎだよ!w)、走輔とかちょっと違う気がする。なんとなくゴーオンのみなさんはナンチャッテ風?シリーズでキャラ立ってるからそれなりだとは思うけど、なんとなくまとまりなくてバラバラなんだよな。お話的にもバラバラになってるけどさ。
演出はワイヤー使いが上手いからってことで中澤さんだとは思ったよ。(ゲキレン夏映画思い出したw)クレーン使ったカメラワークとかやたら凝ってて、なんでシンケンのTVシリーズでこうじゃなかったんだと‥‥(^_^;)TVでクレーン使えって言ってるんじゃないけどさ。演出的にはTVよりしっかりしてる気がする。
まー小ネタはいろいろ笑えたし、全体には面白かったんだけどね。だけど、とにかく長いというか長く感じるんだ。気のせい?
 
以下、たたまないけどネタバレあるよ。


お話は、ガイアークのバッチードが三途の川にやって来て三途の川の汚れた水でガス製造プラントを動かして全てのワールドを汚すでアール、ヒューマンワールド=この世も三途の水で汚したら良いんじゃね?って話でアヤカシ・ホムラコギを借りてご出陣。ついでに三途の川の底で楽しくやってたらしい(!)ヨゴシュタインとキタネイダスとケガレシアも呼んで手伝わせようって、アイツら三途の川にいたとは!みたいな(笑)でも三バカ大臣たちは労働イヤでおじゃるっていって勝手に源太の屋台寿司で寿司食って酒飲んで愚痴ってるという相変わらずな感じ(笑)いいなぁアイツらは相変らずでw 出番そこだけなのが残念ですが、まあそんなもんか。元気そうで(って死んでるけど)何より。頭に三角布付けてるから幽霊なんですがw
志葉家にやって来たのは走輔だけだけど、相変らずのマッハな走輔節で、どうやら殿が「面倒くさくなってる」ってのはちょっとおかしかったかな。シンケンってそんなに外部キャラいなかったから殿の人見知り&対人関係面倒くさがりなところがあまり出なかったんで、確かに走輔とか好きじゃなさそうな感じが殿萌え的にはナイス。
結局丈瑠と走輔以外は別のワールドに飛ばされちゃうんだけど組み合わせ的にはわかりやすいんでああなるほどねって感じかなぁ。やっぱりネタキャラとして面白いのは軍平とダイゴヨウ、妙に押しの強い源太なんだよなぁ。軍平はもう完全にネタキャラw ダイゴヨウは‥‥あいつはアホなのか!(笑)京都太秦ロケだしサムライワールドだし、そうそうそれそれなきっと誰かが見たかったネタ?w
あとはー、時期的にはホントは12月公開がよかったんじゃないのかって感じでクリスマスワールドだったり、アクマロがいて十臓と太夫はその手下なんだけど、アクマロたちの動きを人知れず妨害したのがゴセイジャー。どう絡んでくるんだろうと思ってたんだけど、まあこれなら主役たちは誰も気がついてないしいいね。誰もって言ってもダイゴヨウはたまたまいて、自分で「チョウチンは見てた‥‥!」とか言ってるけど(笑)
それにしてもバッチードがガスプラントを作ってたのは月!冒頭月をやたら映すなあと思ってたけどそういうことか。てことで意外と大きな話で最終決戦は月ですよ!まーどうせやられちゃうんだけどね。あ、ホムラコギは二の目になったのに月に行く途中、バッチードの盾に使われてお亡くなりに‥‥仕事に忠実ないいヤツそうだったのに可哀想。声がやたら熱血主人公声だと思ったら吉野裕行だったか。
そういやガスプラントが妙にカッコいいというかいつもの東映ヘンテコレトロメカじゃなかったのがカッコよかったな。さあすが若手の中澤監督。
でもってバッチードの最後の言葉は「負けたら終わりじゃなくて、やめたら終わりなのでアル」って、お前はSEAMOか!(笑)
本筋のことはまったく語ってない気がするけどまあいいや。走輔と殿がぶつかってシンケン家臣が殿をかばって異世界に飛ばされてボンパーとジイが人質になってゴーオンレッドとシンケンレッドが戦って、炎神たちが他のメンバーを見つけてきてみんなで揃ってドカーンといつものように爆発名乗り(いつも爆発だったっけ、砕石場だから思いきり爆発してたけど)、そういや変身時のいつもの志葉家紋の引き幕にゴーオンジャーマークも入ってて、黒子さんたちの仕事は相変らずソツなく早いです(笑)お召し替えもありダゼ!
しかしゴーオンジャーのみんなはずっとワールドを旅してるのか?大変だなぁ。今回は「シンケンジャーの世界」ってことでしたが(違)

それと新戦隊のゴセイジャーはまたやたら派手なファンタジー系?今度のプロデューサーは誰だろうと思ったら日笠さんか。ローテ的には日笠さんしかいないと思ったけど、なんとなくマジレンっぽいというか塚P的な派手さ。スーツの派手さはちょっとマジレン系だよな。と思ったら沿うかジュウレンジャーか。あのタイトルロゴは確かにジュウレン。でもって長石監督メインか、スタッフ的にはかなり楽しみv