そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

仮面ライダーオーズ#1「メダルとパンツと謎の腕」


東映 http://www.toei.co.jp/tv/OOO/・テレ朝 http://www.tv-asahi.co.jp/ooo/
『あちこち行ったけど、楽して助かる命はないのは、どこも同じだなあ!』
脚本:小林靖子 監督:田崎竜太
 
今回もメインは田崎監督だけど、もう毎回平成ライダーは田崎でいいよ。っつか、Wはそう思わなかったけど脚本が小林靖子だからかなあ、なんか平成ライダー臭がしたよ?(笑)ところどころ妙に昭和な感じのダサい画面があった(照明のせい?)のはともかく。でももう田崎でいいよw そういや555のファイズも初っぱなはパンツこだわりだったなあ(笑)赤のパンツだっけ、たっくんは。
つか、エフェクトがやたら派手だけど、二番手監督が柴崎タンなので今からすっごく楽しみ!
 
全体的なこというと、なんか面白そう!
なんだろう、W‥‥と比べるのはあれなんだけど、Wが完全にジャンプ漫画だったせいか平成ライダーって感じはあまりしなかったのは確かなんだけど、オーズは敵が未知の怪人設定なせいか、やっぱり平成ライダーって気がするなあ。アギトっぽい。怪人デザインは出渕裕だし!
平成ライダーの場合、主人公がいかに主人公らしくなっていくかの方が自分的には重要なポイントなので、主人公が海のものとも山のものともわからない状態ってのはわりと好みかも。やっぱり設定的にはオレ好み。あとはストーリ展開が面白ければいいな。
設定の感じとかからいったら、どっちかというとアギトみたいにちゃんとストーリー通してて謎があって、それが明かされていくって方が好きなので、そっちに転んでくれないかなあと思ってる次第。
仮面ライダーとは敵の力で戦うものだから」なんていうライダー原理主義者みたいなこというつもりはないんだけど、でもメダルで戦うけど、あのベルトは敵を封印してたものだからむしろクウガ?そこの謎もちゃんとやってほしいな。
まあなんだかんだいっても武部Pは白倉直系のライダープロデューサーだってことかw
 
んで、本編はなんだか明るいクウガって感じ?
主人公・火野映司(渡部秀)もとりあえずはお気楽な放浪設定だし、明日のパンツと小銭があればいいって人って、それつまり変な人だしw
怪人幹部が「グリード」で手下が「ヤミー」、グリードは「強欲」そのまんまかw わりと設定は子供向けというかわかりやすいんだな。で、下っ端っぽいバイク部隊は自販機が変形するからまんまライドベンダーって!(笑)
アバンからいい感じでインチキ臭くハッタリで、特に、目新しい演出ってわけでもないけど怪人たちにライドベンダー部隊がやられるスロー映像にハッピーバースデーの歌をかぶせるとことか、ちょっとやられましたw こういう目的演出じゃないハッタリ演出は、やっぱり田崎は上手いよなあw
つかグリードの皆さんは毎回あのカラフルな垂幕背負って出てくるの?赤のアンクも入れて戦隊になれば?(笑)
でもってOPが明るめのコミカル系なアレンジで、楽しそうなところがポイントかなー。電王路線?靖子たんだし。
そしてOP中に「変身!」ってセリフが入るのは初めてだよね。曲調がこういう感じなんでいいアクセントになってて良し。大黒摩季の曲自体は別にまあ悪かないし、ライダー関係のライブに出られないから生歌が聞けないのが残念なくらいですよ。

1話としてはオーソドックスな展開で、これといったものはまだないというか、まあライダーはひと月ふた月は様子見だしな。メダルだから自販機、つか自販機がバイクとか面白そうだし、ディスクアニマル(アカネタカ乙!)じゃないけど、ベンダーなメカアニマルガジェットとか、子供向けアピールも満載だし、親御さんは今年も大変だなあとか、そんな感じ?(笑)そこら辺のガジェットのリアリティレベルも555っぽいというか、メカニカル&未知の生命体かー。
つーか、アンク、てっちゃん! *1 てっちゃんでミギー!(笑)
明日のパンツと小銭があればよしな主人公よりも、とりあえずアンク!アンクの性格はステキかも知れない。でも三浦くんに乗り移っちゃったんだよなー。手の方が良かったのに。手の方が良かったのに。三浦くんな人間体より手の方がイイ(笑)オレ的にはそこにヒット。手じゃなくなってすごく残念。ずっと手でもいいのに(笑)
というか完全に利用してますモード! 「タカ、トラ、バッタって、これが?」「歌は気にするな」って、えー(笑)「タカ・トラ・バッタ、タ・ト・バ!タトバ、タットッバッ!」って歌なの!?なんというわかりやすい笑いどころw
まあ主人公の怒りの(戦う)理由、あの状況でいきなり拳銃撃てるって普通の人じゃないと思うけど、放浪者だから今まで何やってきたのかちょっと気になる感じ‥‥とか、想像の余地はあっていいな。
でも放浪者で明日のパンツと今をちょっとだけ凌げるような小銭さえあればいい、それだけあれば生きていけると思ってる主人公が、他人の、つまり殺された人たちの「明日」が奪われたっていう思いで「許せない」と立ち向かうのが主人公的というか、ちょっと心トキメイた!
そこら辺、主人公の映司はなんとなく好きな感じかもしれん。翔一くん@アギト もそうだけど、平成ライダーでやたら物ごとに拘らなくて明るくて、主人公っぽい独特の正義感をもってるってのはそれなりの理由があるはずだし。
と思ったらwikiにそんなこと書いてるよー(笑)
まー見せ方はライトで短絡的な感じだけど、時代的にそれくらいの方が説得力はあるのかも。
少なくとも主人公の行動動機としてそこに何かあると思えるのは平成ライダーっぽいというか、ストレートでないヒーロー物としての仮面ライダーとして1年間楽しみです。油断はしないけど。
というか、靖子たんのストーリーってタイムにしても電王にしてもシンケンジャーにしても、話は面白いんだけど最後に持ってくるどんでん返しの内容が自分的にはいつもツボらないのでどうかなあと。これは終わってみないとわかんないけどさ。毎回ある意味予想通りというか、内容じゃなくそのひっくり返し方のパターンが同じというか。
でも今回は主人公が好きだと思える分ちょっと楽しみかなあ。ちょこっと顔見せだけで出てきたエリートっぽいいかにも二番手ライダーな人もいい感じだし。
今週のヤミー。カマキリエロイw
 
そういや、鴻上ファウンデーションが劇中でどういう位置づけかわかりませんが、Wの時に財団Xが「今回は失敗か‥‥」とか言ってたけど、終わり間際にまた出てきてまた同じことを言わないことを祈ります。それやったら全部できちゃうしw つか前にも言ったけどオレ的にはたぶん財団X=東映だからw
 
予告。コスプレ酒場?SHTの最後の締めにアンクの腕がバイバイしてたのはあまりといえばあまりだ!やっぱてっちゃん(笑)
 
あ、そだ、火野映司の渡部秀くんは初っぱなから半裸ですが(笑)、細いのに意外と最近のイケメンには珍しく胸板厚いし、ケツでかいし、太ももががっちりしてるのが好きかも!マッチョはそんなに好みじゃないけどウエスト細い少女漫画な男の体型は好きじゃないんだもん。毎回脱げばいいのに。あんな変なヒッピーエスニックな服着ないでさー、ありゃないよなあw(もーあの辺のセンスの絶妙なダサさが田崎だよなあw←ホメてる)

*1:古谷三敏の漫画にそういうのあるんだよ。