そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

劇団なんでやねん第二弾 舞台『Missing Link』

http://www.ntv.co.jp/currylife/
公演期間:2011年9月21日(水)〜9月25日(日)※ 9/23(金) 17:00〜 公演分
会場:新宿 シアターサンモール
作・演出: 川尻恵太(SUGARBOY)
出演: 森本亮治 林剛史
永田彬(RUN&GUN)・高橋良輔矢吹卓也・葉山昴・丸山敦史・加藤良輔・与那嶺圭太・門野翔・浅井純・鬼束道歩・竹尾一真・外山国義・椿隆之・山崎和如・山岸拓生(拙者ムニエル

 
前作「RING WANDERING」からの続きもの。怪人と戦うヒーローたちの日常を描いたコメディという設定は同じで、新しく新人が4人入ったとこで今回はサスペンス?らしい。
内容についてはあまり触れないことにしとくけど、前回よりは出演者が多くなったこともあり、話の幅は広がったような気がする。前よりはわかりやすかったし面白かった。でも相変わらずストーリーに関しては良い意味でも悪い意味でもグダグダ(^_^;)これ、サスペンス‥‥なのかなあ?タイトルが「ミッシング・リンク」だってのは、この話だと微妙にわかるようでわからないよ。意味づけするならもうちょっとそこら辺の肉付けをだなあ‥‥とは思った。
あとまあ、もともとストーリーを楽しむようなものじゃなく、ほぼ役者当て書きのキャラでみんなで遊ぶって感じの「出し物」(としかオレには見えませんが、それが楽しいんだからそれはいい)なのでそこは突っ込まないにしても、一応ヒーローチームの話なんだから、最後くらい怪人が出てみんな変身して出動だ!で終わってもいいんじゃないかなあと思うぞ?なんでそういうこと思いつかないんだろ。これ、ヒーロー物ネタのお話だよね?そのあとで過去の回想‥‥ってのはお着替え的に大変だからか?出動要請が来て変身したあとをアニメ映像にして、過去の話‥‥でもいいんじゃね?
つーか、あの、ストーリー的に一応そこだけは突っ込んどきたいんだけど、(微妙にネタバレ?)これって一番悪いのはメカニックの岡田さんだよねえ?一日所長のアイドル姫野でも煽った記者の代田でも、「押してもうた」の龍平でもなく。マジで。何とかしなきゃいけないのはそっちだろ?(苦笑)なんでそこに突っ込まないのかすごく不思議というか、納得できない。
そもそも事件自体、山田くんが早とちりの勘違いでバカだった‥‥でいいから、せめてそういうふうに回収して欲しかったなあ。あれで龍平が責められるのはちょっと酷いと思うんだけど。
あとさ、新人の山田は戻ってくんだよね?でなきゃ神崎の写真の伏線は回収できんぞ?(笑)
そんなとこかなあ。そこら辺もうちょっと次回は考えて&目配せして欲しい。話自体はグダグダでも別にいいから(笑)
 
キャスト的には、当然ワタクシのお目当ては椿くんなんだけど、この舞台において椿はどちらかというと脇キャラだし役自体が気まぐれキャラなので賑やかしポジションだから、そんなに活躍はしてないけど、彼の能力が判明したり、まあそれはそれとして楽しみました。
というか、とにかくどうしても目が高橋くんにいってしまってしょうがないのですよ(笑)ほぼ高橋くんの神童と山崎さんの松金さんしか見えてない状態(笑)もースマン!だって高橋くん、なにもかもオモシロすぎる。真面目ゆえのオモシロさ(笑)本人が真面目キャラなんだよねえ?もう神童の一挙手一投足とセリフにいちいちウケるw
全体には人数が増えたからかなりとりとめないことになってはいるけど、役によってなんか偏りあるというか、微妙にキャラが立ってないというかいろいろ微妙なとこはあるかなあ。似た能力(時間系)の人多すぎ。
あとまあこれは好みの問題だけど、森本くんと林くんのキャラがやたら子どもっぽいバカというか、おバカキャラじゃなくて単なるバカなのがちょっと気になるというか‥‥。でも男の人って、ああいうガキレベルのケンカするような馬鹿キャラ好きなんだよねえ?(^_^;)そこはなんかわからんでもないけど、もうちょっと森本くんの龍平が愛されおバカキャラだったらいいなあってくらいかな。ときどき龍平のキャラってバカすぎてムカツクんだよなー。オレはね。
そういや森本くんは前回の7月の大阪公演から急に髪を切ってるけど(「バラ色の聖戦」のせいか?)、今くらいの髪型のほうが好きかな。龍平のこのキャラでロン毛はちょっと違和感あったからさ。こっちのほうがカッコイイ。
あともう1つだけ突っ込んどくと、歌手である外山さんをアイドルとしてキャスティングしてるんなら、1分でもいいから歌わせるべきだったんじゃないかと思うんだけど。ロビーでCD売ってるんだし。そういうのって役者の個人的宣伝というよりは、お客さんに対しての「サービス」としてちゃんと成り立つと思うよ?
第二弾が前作からの続きだって聞いたときはちょっとだけ「はぁ?」っと思ったけど、この雰囲気だったらもう一回くらい同じネタでやって欲しいかなあ。今度こそあのダメっぽい感じのヒーロースーツ姿を拝みたいよ(笑)
 
アフタートークは森本&林に矢吹・外山・山崎さん。
外山さんがアイドルターンができなくて、ダンスの得意な矢吹さんがお手本見せてくれたとか。ついでに山崎さんも回ってくれたとか、そんな話というか実演(笑)
それと高橋くんがアメブロを始めたってことでコメントしてあげてくださいと林くんが紹介。
高橋良輔オフィシャルブログ「Laugh」Powered by Ameba http://ameblo.jp/takahashiryosuke-blog/