そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

聖なる怪物たち#8(終)

http://www.tv-asahi.co.jp/seinaru/
脚本:荒井修子 演出:藤田明二
 
どうでもいいけどサブタイの「衝撃の最終回!犯人の命を救え」はどうかと思うよ?見終わって新聞のテレビ欄見て微妙な気分w 誰が何の犯人だ?いや確かに人殺しではあるけど‥‥というか、その話どうなったんだ?あれー?
結論からいうと、あんなにハチャメチャトンデモ展開だったのに、なんでかすべて丸く収まって、あろうことかいい話っぽいラストとか、何をどうしてそうなったレベル。またなんか魔法でも使ったのか?荒井修子、すげーなw
まあ明らかに昼ドラ展開(というかそれ以上)だけどキャストの力ってスゴいなあとも思わされたドラマであった。
原作はクソだと聞いてるけど、このドラマは面白かった。なんでかわからないけど話に筋通ってるし、昼ドラにいがちなイロモノキャラとか強引展開させるご都合キャラもいないうえに、話の展開は納得できるし悪人もいないし、キャラの心情自体もとても良くわかって共感できた。最終的には司馬先生に肩入れする(笑)
逆にどうやっても無理なのは三恵さんと佳子さん。この二人は間違いなく自分勝手なクソビッチ。子供が欲しいというのはわかるけど、いくらなんでも擁護できねえ。
というか三恵さんさ、普通に恋人の本間さんと、離婚が成立してないにしても気持ち的にあんなに盛り上がってるんならちゃんと話して子供を生む用意をすればいいだけじゃね?なんでそこで嘘ついて、しかもやったであろう敏雄さんをも騙してたわけだし、最終的には師長を敵に回して殺されてるし、バカなんじゃね?としかいいようが‥‥本当にバカだよ。師長は殺すつもりはなかったのに。
というか、そりゃあそこまで自分の子供だと固執するはずだよなあ、だって自分の子供だもん。普通に頭おかしいのかと思ってたよ。でもそのために圭子さんたちを騙して上手いことやろうと思った浅はかさに天罰が下ったと思えばまあそれはそれで。いくらその気持ちが子供のためであったとしても、こんな女は擁護したくない。というか、三恵さんは自業自得だけど本間さんが気の毒。ほんとに気の毒だよ。
そして圭子さん。恐ろしすぎる自分勝手さ。生んだら放置というかシッター任せ。はっきりいって其の豹変ぶりが意味がわからない。
まあそれであんなに頼ってたお姉さんの春日井師長のいうことすら聞かず、敏雄さんのこともそっちのけでパリで生活するって‥‥意味がわからなすぎて宇宙人レベル。フランス語出来るのかよ?
というかでも、圭子さんってそういう人だったよな。今なら前妻の「何が何でも欲しいものは手に入れる人」という言葉が実感的に思い出されるよ。そもそも師長が子宮を無くしてるってことも知らなかったくらいだから、自分以外の人間は自分に都合のいいようにしか見てなかったんじゃないかなあと。
子供の頃の回想見ても、その時から女王様気質というか、自分がいい思いをするのが当然、他の人は自分に尽くすためにいるくらいにしか思ってなかったような。三恵さんとのやり取りだって、三恵さんがクソビッチにしてもやっぱり圭子さんの行動はいろいろ常軌を逸するスレスレだったと思うし。そう思うと真のクソビッチ大賞は圭子さんだよなあ。本当にびっくりするくらいに人間的にサイテーすぎる。いくら育児ノート付けてたにしても擁護できない、いやしたくない。
しかしそれを司馬先生の純粋無垢さで補うという、ドラマ展開的な荒業がまたなんというか(^_^;)
師長が刺されたことを「圭子さんを庇って」という司馬先生に、驚き通り越して笑ったよ(笑)なんかスゴいw どうでもいいけど、あんな場面に出くわした何も知らないシッターさん、かわいそう!(笑)
ストーリー的にいうと、司馬先生が知ってることと師長が知ってることを総合すると何が起こったのかのすべての真実にたどり着くんだけど、あの刺されるところまでそれが説明されてないということと、それ故本当のことを知って鳩に豆鉄砲な敏雄さんとか気の毒すぎて笑えるし、あの状況で肝が座ってるお義母様もタマラン(笑)
そしてそれ以上に赤ちゃんを確保にきた(赤ちゃんは大丈夫だったのかな?)司馬先生がカッコよすぎる!このシーンの司馬先生、なんかここ最近の岡田将生ベストに入れたいくらい(笑)
ドラマ展開的には司馬先生と春日井師長のお弁当の話のシーンとかすごく好きだった。というか、途中空回りに見えたけど、最後まで司馬先生のキャラはああいうキャラで通してて、お父さんとのちょっとしたエピソードとかお母さんが亡くなったことに関して、自分の出生と子供が生まれるということの意味を常に忘れてない役作りという点で、今回の岡田将生は上手いなあと思った。
師長と院長の関係もたまらんかったし、オレの田中哲司は何の裏もないただの良い人役なのにほんとに良い人に思えるし(何いってんだオレw)、そして何よりいつの間にか実家に様子見に来てる水原先生がいいキャラすぎて悶える!(笑)というかこれもここ最近のベスト勝村政信
そういや最後、曜子ちゃんは影薄かったし、長谷川朝晴の刑事の兄ちゃんが前回で最後だったのと、糸川さんがやっぱりあれで最後だった‥‥というのが残念なくらい。特に兄ちゃんはホントにあれっきりだとは。
まあそこら辺にしても何にしても、このドラマのキャストのキャラって意外とみんなよかったなあ。典型なキャラ設定な気もするけど、意外なほど人物像にはちゃんと厚みがあった。ベテラン俳優を配置してるせいかもしれないけど、ほとんどのキャラがなんというかちゃんと「生きてた」から、役者だけというより脚本演出のほうの意向も入ってるのかなあ。これで終わるにはもったいないくらいオレ好みにキャラ立ってた。しかも根本的なとこでは悪い人いないし。
最後の師長の行方というか、余韻も美しかったし中谷美紀は本当に最期までキレイだったし、司馬先生の水原先生とのやり取りも締めとしてこれ以上ないよ。圭子さんが本当に心を入れ替えたかどうかは謎だけど。
いや本当に、原作は知らないけどドラマの方は面白かった!消すつもりだったけど保存しとこうw