そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

特命戦隊ゴーバスターズ#16「亜空間からきた男」

東映http://www.toei.co.jp/tv/go-bus/ テレ朝:http://www.tv-asahi.co.jp/go-bus/
脚本:小林靖子 監督:金田治
『ふっかーーーつ!』
 

 J『俺の名はビート・J・スタッグ。ちなみにJは樹液のJだ』
 ニック『おいおいおい、ジョンとかジョーじゃないのかよ』
 ウサダ『いくらんなでも虫過ぎない?ま、虫だけど』
 ゴリサキ『カッコイイねえ〜』

大変にバディロイドの性格が出た会話かと(笑)虫だと何がいかんのだ?そしてナゼ樹液?ロボットだろw あとヒロムとマサトが話してる後ろで、Jが樹の根元で何を見つけたのか気になるw
個人的にはゴリサキとウサダはちょいウザいので、新たにJが加わったことでオレの視聴モチベはちょい上昇中。自分の好みが分かりやすすぎるw
しかし前回といい今回といい、靖子たんにしては気が利いたギャグ入れてくるんだけど、靖子たんが新たなる地平を見つけたのか金田監督のお陰なのか、ちょい様子見。
しかしオレ好みに面白かったので言うことはないです ヽ(´∀`)ノ
黒木司令がマサトに「黒リン」と呼ばれてたのはともかく、こっち側に現れた「陣マサト」という存在が本物ではなくアバターだったというのは、作劇的に名前にやたら拘ってたことと無関係じゃないだろうなと思ったり。
アバターは分身だからその人そのものではあるってことでいいのかな。ヒロムに陣マサトが本人かどうかと聞かれて「陣は陣だ」とJが答えてたけど、間違ってはないよな。そういう会話の細かいこだわりは靖子たんっぽいかも。
そこら辺、リュウジが年齢(見た目の若さ)に拘り、ヒロムは名前自体はどうでもいい(本質だけに興味)、Jは見かけより存在自体に拘ってた発言が多かったと考えると、この陣マサトがアバターってのは面白いな。
ところでリュウさんはやたら外見の若さに拘ってたけど、はっきり言おう。マサト、当時27歳+13年=40歳で現れたとしても、たぶん殆ど見た目は変わらないと思うよ?福山雅治とか見てみろよ、変わんねーだろ?(笑)いや老けてるかどうかとかよりも、ああいうタイプは年取ってからの方がカッコよかったりするんだよなw お若い方には実感できないかもしれませんがw
20代前半の人たち(リュウさんは28だけど)からしたら13年も経ったら当然おっさんと思ってるのかもしれないけど、そんなことはないです。(断言)オレも今、自分と知り合いの13年くらい前の写真引っ張りだして見てみたけど、殆ど変わってません(笑)
まあ黒木司令がマサトと同期‥‥だというなら、黒木司令が単におっさんなだけだと思いやす!(失礼!)ちなみに黒リン榊さんは42‥‥年下か‥‥いやいいやw(苦笑)

まあ陣マサトについてはあっさりネタバラシたけど、研究センターについてマサトが本当のことを言ってるとも限らないと思うんだよなあ。パーティに出てなかったのが嘘か本当なのかはともかく(でも当時のリュウさんが知らなかったんだからいなかったってことか)、あのメガゾードをJがいたとしても全部一人で作ったの?
そして同じように亜空間に飛ばされたマサトが生きてる以上、他の人が生きてる可能性はあると思うんだけど、あれだけ行方を知りたがってたヒロムがそれに突っ込まなかったのは気になるなあ。
ヒロムの父親たちと連絡を取らなかったというのがどこまで本当なのかもマサトの性格だとまだわかんないし。普通、連絡取るよな?しかもヒロムの父親が勝手にセンターを亜空間転送したのは知ってるじゃん。別ブロックにいて連絡とってないのにどうして知ってんの?
まあつまり、直接こっち側に来たのはバディロイドのJだけってことで、実際には人間である陣マサトは未だ亜空間から出られないのは確かだってことか。あと今こっちに来てるマサトはアバターだから、もしかしたら本体のマサトはちゃんと40歳だということはあり得るとは思うけどさ。実際はどうなんだろ。
そういう意味でアバターでしか存在できないマサトがこっちに戻るためにバスターズに協力するというのは、わりと戦闘モチベーションとしては保証されてるから裏切られる心配もないってことでひと安心。
それにしても陣マサトがあまりにも見かけも性格も胡散臭すぎてちょっと楽しくなってきた(笑)でもあのサングラスはないと思うw寛也、何年たっても胡散くせーw
「俺は、俺にしか興味が無い」というJも天然に変だし、ゴーバスターズ4人目5人目としては、初期メンバーの3人とバディロイドの組み合わせとしても面白い感じ。つか、マーカーシステムを起動させるのに「”俺の”マーカーシステム起動」っていう必要あんのか?(笑)
あとアバンの、シューターの出口で大暴れするJを「酔っ払って帰ってきたオヤジかっての」っていうニック‥‥(笑)エネトロンくらいあげなよ、マサト〜‥‥なんで黒リン任せw
まあ話はマサトとJが活躍‥‥って話で持っていかれたふうはあるけど、メインはヒロムたちが両親はじめ、亜空間に転送された人たちを心配してるという話だよな。ヒロムはキャラ的にはかなり靖子たんっぽいなあ。前から言ってるけど今回の関係性からくるキャラ描写は結構好みだ (*゚∀゚)=3 ムッハー というか他のキャラがいないと成り立たないキャラだけど。
しかしあのクリスマスプレゼントは亜空間のどこに落ちてたんだ?当然実体だからJが持ってきたんだろうけど。ヒロムの父親の英雄的決断にムカツイてると言いながらヒロムを発奮させたり、プレゼントは持ってきて渡してくれるってのは、本心は別のとこにあるのかもなーとちょっと気に留めとく。
いいけどビートバスターのビートってリズムのことかと思ってたけどビートルか。まあJがスタッグだからカブトムシとクワガタだよな。しかも敵メガゾードのエネトロン吸うし。まさに「マジで虫だ!」(笑)
いいけどそのエネトロンはもともと盗んだものだということはお忘れなく(笑)そこんとこはなにも言わないの、黒リン?
あと今回のメタロイドのパラボラロイド、ただひたすらに ム・カ・ツ・ク〜〜〜〜〜!(笑)
金田監督の画面は構図が決まってるし、俳優さんがみんなカッコイイよなあ。またの登板を待つ!
 
予告。
ゴーバスタービート、微妙にカッコ悪いような気がするんですけど‥‥(^_^;)