そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

アナザースカイのヒロたん

http://www.ntv.co.jp/anothersky/contents/2014/01/post-1451.html

 
Aスタもそうだけどこの番組も今田耕司の司会が心ないので好きじゃないんだけど、スタジオでのトークはあんまりなかったんでだいぶマシに見られたよ。
黒執事プロモーションの番宣出演だと思うけど、ヒロたんが子供時代を過ごしたスイスのチューリッヒへ飛びました。
本人も言ってたけど、本当にどうしてこんな美しく素晴らしい環境に不満があったの…?すげーウラヤマなんですけど。
海外生活が嫌だったから何もかもいやに思えた‥‥というならそういうものなのかも知れないけど、ヒロたんはやっぱり全体的には恵まれてるのに本人があまりにもネガティブすぎるよ。むしろ海外に行かずそのまま日本で育ってたらどういう子になっていたんだろうという興味がわくね。
いやそもそもスイス行く前からこういう性格だったんだよね?自信がないにしても彼の思ってる「普通」って普通の人の普通より余程レベルは上だよね。その状況から落ちると何もかも嫌になって逃げ出したくなってしまうってどんだけ打たれ弱いんだ。あ、かつて住んでた部屋の「逃げ出すための窓」っていうネーミングセンスはいいね(笑)現実逃避するために逃げ出したって、だから何がそんなに嫌だったのか?まあそういうとこは前から知ってたけど。環境は恵まれてるのにそれが見えてない、自己否定と承認欲求と自意識過剰、それに恵まれた容姿と運動神経その他の「やったら出来てしまう感」が複雑に絡みすぎてて、本当にこの人の内面はわかりやすくわからんよな。
あ、また勝手にヒロたん分析してしまったw いかんいかん。
 
ビジュアル的にはまあまあに戻ってるけど、眉はもう諦めた。若い男の子が意気がって細眉にするのはホントにやめたほうがいいと思うよ。たいていは本人が思ってるよりもまったく似合わないから。それでモテると思ってるのは勘違い。それをカッコイイという女子もバカだから。(という話をたまたま先日サカオタの友達ともしたけどw)
いやそんなdisりはともかく、髪型もちょっとアレだけど、まあまあな感じに戻っててよかった。黒執事の役作りのための激痩せから元に戻ったのかしら。
お洋服はあのグレーの革ジャケはちょっとスカしてるけど、黒のキャップとセーター(カットソー?)の格好はカワイかったです。ヒロたん自体もあの最後の親友と電話するとこが一番カワイかったな!
スイスは、以前住んでたアパートにいって中を見せてもらい思い出に浸ったり、いじめで馴染めなくて友達がいなかったから一人になるためによく行ってたらしい森の小川で思い出を語ったり。
アパートメッチャ広くてきれいだし、本当にスイス時代のことを覚えてないというくらいに何がどうしてそんなに不満だったの?
本人も今になってわかるって言ってたけど、普通に考えて両親やお姉さんも慣れない土地で英語だけじゃなくドイツ語で仕事したり生活しなきゃいけないから子供らより大変だったはずだよねえ。そんな中で自分が一番不幸だと思い込めるってのもすごいよ。(褒めてない)
あとまあ森で一人でぼんやりしてた、動物たちが友達だったって言ってるけどヒロたんってあんまり自然とか好きじゃないって言ってなかったっけ。以前のインタでどちらかというと都会が好きだっていってたように記憶してるけど。
というかそういう子の場合たいていは想像力を膨らませていろんなことを妄想する想像力豊かな子に育つと思うんだけど(あくまでも個人差あり)ヒロたんってそういうタイプじゃないし、むしろ想像力ないし、なんかいろんな意味で残念な人なのかなあ‥‥(´・ω・`)
なんだかんだで英語とかドイツ語とかしゃべってるのはカッコイイけど、それでわかったけどこういうトーク番組でのヒロたんのしゃべりってなんか外国語の翻訳みたいなんだよな。前はもうちょっと一生懸命さがあったんだけど、なんかこの数年の公でのコメントやトークは極力失敗しないような物言いを演じてるって感じ。いやまあ思うままに喋るとどうなるのかってのも知ってるから(迂闊な失言多し)そっちのがいいとも悪いとも言えないけど。
スイストラウマは克服したみたいだし親友とも話が出来たし、こういう機会がなかったらどうなのかわかんないけど、ヒロたんがひとつ成長できたことは良かったなあと。今後どうなるのかわかんないけど、俳優やるんだろか?
一応もうちょっと見守っていく予定。
そういやヒロたんが写真撮ってたけど撮った写真見せてくれなかったのはなぜ?(家じゃなく風景の方)普通はこういうのって撮った写真挟んで構成しない?
 
ついでに今週の黒執事関連の記事を。

 
えーとちょっと引っかかったのは映画の出来を「勝ち負け」で語ってるとこかなあ。
共同プロデューサーだし成功したほうがいいとは思うけど、どうなんだろ。負けたらどうするのかなあ?ヒロたんは責任とる立場にあるの?
予告編を見るに画面的にはある程度見ごたえありそうだけど、特に過剰に期待もせずに見に行きたいと思います。