そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子#1

http://www.ktv.jp/on/index.html
脚本:古谷和尚 演出:白木啓一郎 原作:内藤了
 
また事件ものかーと思ったけど、なかなか興味深いネタですね。
アウトローっぽい東海林(横山裕)が人の痛みがわかってる常識人で言ってることは結構マトモ、一見普通な人に見える比奈子(波留)が変死体に興味深々な異常者って。異常者というか変人?
ストーリー自体は程よいタイミングで事件が起こり、次々と犯人かもと思われる人間が出てきては新たな事実発見ってことになるんで2時間のわりに中だるみもしなくて面白かった。
ちょうど半分のとこで次回に引き…にしてもいいのにと思ったんだけど、事件が2つあってそれが別々の事件だったって構成か。なるほど。
強姦殺人犯の宮原の事件と比奈子の同期の親友・仁美の事件は関連性はなかったってことだよね。ややこしいけど。まさかしのまりはゲストだったのか。いやシノマリはてっきりレギュラーだと思ってたからまさか事件に巻き込まれるとは。
ただこれも東海林が言ってた共感覚を比奈子に感じさせるためと、なのにその事件すら興味深いと捉えて喜々として捜査してしまう比奈子の異常性の描写としてすごく上手いよなあと思った。
あとどちらにも関わりそうな感じで出てきた中島先生(林遣都)。
ゲストなのかレギュラーなのかわからないって意味でも怪しかったんだけど、そもそも最初の方で心療内科医の林遣都が出てこなきゃ、宮原の事件自体一体どうやって殺したのかって考えこむとこだったよ。
だって心療内科って時点でどう考えても催眠術で…とドラマズレしたオレは普通に思いましたよ?w
あ、宮原の被害者女性の婚約者は、最初いかにも犯人かもと見せかけておいてミスリードする暇もなくそもそも固定メールでやりとりっていう時点で、それ普通に犯人じゃないだろうと思うし、婚約破棄もされた方だというのが分かった時点でやっぱり犯人ではないしなあ。(ドラマズレ)
まあでもそういう怪しい人がどんどん出てきて話が進むけどすぐに解決するっていうのはテンポいいしストレス溜まらないかも。
それでも中島も怪しいから仁美の事件の解決のヒント与えてたのは偶然なのかって思うしなあ…とか思ってたら、クリニックの上司の早坂(光石研)の方が明らかにドラマ的には怪しいよ!どう考えても最後のあれも催眠術だし、そうすっやったの早坂だよね?(と見せかけるミスリード狙いなのかどうなのか)もしかして早坂と中島先生のコンビで、裁きを逃れてる猟奇殺人者に催眠術かけて自殺させるという仕置人みたいなことでもやってるのか?w

比奈子と東海林のコンビもよくありがちな反発とかそういうのじゃなく比奈子の驚異の記憶能力を便利に使ってるし、東海林が反発しているのは比奈子自身じゃなく猟奇殺人の捜査を楽しんでいる比奈子の心なさ?興味優先すぎる嗜好?だしな。
ただ自殺で片付けたい東海林も強引すぎるというか、なんで宮原の自撮り映像があるのに自殺だと思ってるのかがわからんよ。
まあ比奈子を演じてるのがごくごく普通っぽく見えて特に特徴があるわけでもない波留というのもあるけど、だから余計にものすごい異常性を感じるというか。
中島のアドバイスで犯人を見つけたのは偶然なのかどうなのか。でもそれを
「素敵な偶然」って言うし、人殺しに逢いたかった言うし、人殺しのスイッチが入る瞬間が見たかった言うし、どこからどう見ても危ない人だよ。刑事としてもギリギリアウトというか。
東海林にしても中島にしてもいろいろトラウマ屋事情があるみたいだし、その辺ちょっと今後面白そう。
あとなにげにIT音痴すぎる厚田班長渡部篤郎)はちょっといいねw あ、要潤とか高橋努とか原田美枝子とか一癖ありそすぎw
ところでいいけど、今どきあんなデカイ香水なんか持ち歩かないよ?いや若い子は持ち歩くらしいけどね。