そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

忍びの国

http://www.shinobinokuni.jp/
監督:中村義洋 原作・脚本:和田竜

 

のぼうの城」「村上海賊の娘」の和田竜が、戦国時代に伊賀忍者織田信長軍との間に起こった天正伊賀の乱を題材にした同名小説を、「嵐」大野智主演、「予告犯」「殿、利息でござる!」の中村義洋監督のメガホンにより映画化。
天下統一に向け、諸国を次々と攻め落としていた織田信長が攻め入ることができなかったただひとつの国、伊賀の国。人でなしの忍者衆が住む伊賀の国に暮らす忍者の無門は、伊賀一の凄腕を持つ忍者でありながら、怠け者の性分で、普段は女房のお国の尻に敷かれる毎日を送っていた。そんな中、ついに圧倒的な軍勢を率いた織田軍が伊賀に攻め込んできた。武力、兵力では太刀打ちできない無門率いる忍びの軍団は人知を超えた秘策で織田軍に抗戦する。
主人公の無門役を時代劇映画初主演となる大野が演じ、妻のお国役の石原さとみのほか、伊勢谷友介鈴木亮平、知念侑李らが顔を揃える。ナレーションを山崎努が務める。(「映画.com」より)

 
ジャニーズからまた新たなアクションパフォーマーが現れました!いろんな意味でさすが嵐の大野くんだった!w
しかも映画自体は予想外に和製デッドプールみたいな、コメディじゃないのに笑えるノリだったし(第四の壁もうっすらあった)剣劇アクションも新しいし。、映像的にも面白くて、ハイローもそうだけどやっと邦画も新しくなってきたなあと思ったり。

中村義洋監督は最初に知ったのが「鴨とアヒルの〜」だったせいもありミステリーが得意なんだと思ってたけど、怪物くんもみたいなのもやるし、一貫して作風が掴めない感じ?なんでもやるんだね。
ただほんとに邦画としては珍しく(おい)笑えて楽しめてアクションがスゴイというちゃんとエンタメ娯楽作品として成り立ってたから、そこは断然評価する。ほんとアクションすごいよ。わりと目が覚めるような、今まで時代劇ではあんまり見たことない速さがあったし、忍者のパルクール的な動きとかよかった。
その中で伊賀で一番という無門が大野くんだけあって、ダンスを踊るような(当然大野くんが振りつけた)アクションやとても自然に見えるエア&ワイヤーを使った忍者的なすごいアクション、野山を動物のように駆ける「虎狼の族」たちを体現するパルクール的なアクションなどが、普通にスゴイこととしてすごく見えるというのが良かった。いやマジでこれ大事。忍者映画だからこそだよ。
あと忍者アクションだからか、「川」の近距離本気戦闘が(あの舞台的メタな演出は好き嫌いあるだろうけど)見応えあった。
あの「川」の大野くんと鈴木亮平のアクション、こういうのだとなんとなく手合わせで予定調和な動きになりがちなのにやけに緊張感があるなあ、カッコイイなあと思ってたんだけど、パンフ読んだら手が合わなかったり微妙にズレてるときの方が監督OKが出てたらしいから、実際に気が抜けないリアルさと緊張感だったのかと納得。 あと早い動きの中にちゃんと止めの目線が入ってて見せ方としてもカッコいいし。
そういうアクションは結構ハードなのに忍者として真面目に土遁の術とか変わり身の術とかやってるのがちょっと笑い入るんだけど、無門のカメラ目線で飛んでいくカットがあったりいかにも漫画的に忍者が湧いてきたりというメタなところがデッドプールね。(画面に向かって無門が語りかけてくなくてよかったw)真面目にはやってるんだけどそういう楽しい感じが違和感ないテイストの映画ね。あといるだけでなんかおかしいきたろうとかw
キャスティング、ああいう飄々とした主人公に大野くんてのもまんますぎるけど、ならず者忍者軍団の中でなんか考えてるインテリ忍者が鈴木亮平ってのもハマりすぎ。伊勢谷の日置大膳も大男感・美丈夫感あってカッコイイ!なんか久しぶりに正統派な武士の伊勢谷見たようなw マキタスポーツもとても良いよ。この映画のキャスティングはとても好みだなあ。(もちろん石原さとみも良いのだが、彼女はキャラとしてはなんか微妙というか)

その伊賀の忍者軍団はちょっと予想外で、そもそもの(ネタバレ自重)であいつらほんとに酷いんだけど、デッドプール的な明るさのつもりで見てたら最後とんでもなくしっぺ返しで涙も出ねえ…(;´Д`) とまあそれひっくるめてとても面白かった。
全体にはとても好きだし面白かったんだけど、お話というか脚本が結構アレで、なんでかなーと思ってたら原作者が脚本書いてましたーというオチ(オチかよ)には正直苦笑いです。もう少し脚本練ればいいのに…どころじゃないでした。原作からちょっとくらい変えてもいいから誰かそこに突っ込めよと思わんでもない。
以下とてもネタバレ。
 
 
えー、この映画の話で何がびっくりするかってこれ史実に合った話だということで、それはなんとなく前情報で知ってたんだけどそれでも話として悪の忍者軍VS正義の織田信長軍団だっていうのは、ちょっと価値観の逆転すぎて説明なしではおっつかないです。
売り文句の「信長を撃退した忍者の国があった」…って、それ忍者が勝っちゃダメなやつじゃんよ。(そもそも戦国の世において織田軍は正義だよな)
そこからしてだけど、そこをはぐらかしたままストーリーが展開するのに伊賀の上忍(十二家評定衆)の内部での策略があり、二重三重に謀があるのになんかぼんやりとしたミステリー(にもなってないような)どんでん返しをしてくるから、前提が共有できてなくて「???」になっちゃうんですけど。それを見てる間に分かれとは無茶というか脚本が下手だと思うんですが。
せめて最初の方でもう少ししっかり伊賀の忍びの者とはどういうものなのかを「わかりやすく」描写してほしかったなあと。小説ならともかく映画のスピードで見せられるんだから、もう少し流れるように状況と経緯と思惑が頭に入ってこないと理解が追っ付かないです。
そしてストーリーとしては平兵衛の裏切りで織田に攻められようとしてる伊賀の里だけど、実はそれ自体が忍者の需要を見込んだ十二家評定衆の策略で平兵衛すらもその罠にかかってたってのは、じゃあ誰が一番正しいんだっていう。
いや織田方は織田方で北畠と織田のことはナレで説明されたけど状況が掴めないし、それなのに元の主君を切るとかいう話になるし織田信雄はキレるし奥方は幽閉されるし、もう少し上手く出来ないものかと…ぼんやり…
冒頭の百地と下山の小競り合いの本気度が観客に共有されない状態で無門が次郎兵衛を殺すとこの意味、その中で人としてまともな認識を持ってるのが平兵衛だけ、しかも今そこでそれに気がついた(から裏切って織田方に走った)ってのを、起こったことだけで全部理解しろって言われてもちょっと無茶かなーと。
これ最後の最後まで、伊賀の忍びがいわゆる一般的な大名家に仕えてる忍者=草の者じゃなく、どちらかというと金で動く傭兵軍団としての忍び、しかも裏切りって何?くらいそれが当たり前の人でなしという、その辺の共通認識がはっきりしてないと忍者ってこんなじゃないってことになるんじゃないかなあ。
しかも平時はただの農民だし、なんか全体にこの作品での「史実に基づいた」忍者の紹介が上手く出来てないというか。
あとよくわからなかったのが、無門がお国に惚れてさらってきてお国も別にまんざらじゃないのに、忍者だと思ってたらただのしがない農民だったからガッカリってやつ。それで無門が家から締め出されてる、お国怖い…ってのは笑いどころなんだろうけど、じゃあ無門ってどうやって生活してるの?
そして普段は野良仕事してるにしてもきれいな着物を着てるお国は何をしてるの?お国と無門の暮らしぶりがよくわからない。他の人たちとは交流ないみたいだし生活感なさすぎだろ。お国があの集落のことをよく知らないからこそ最後にあの悲劇があるんだろうけど、それも流れではわかるけど散歩はあったけど生活描写がないからすごく唐突なんだよねえ。もったいない。
最後のあれは、もっと「ああ、それ言ってもダメだよ、取引にならない、むしろそれ言っちゃダメだー! (>_<)」って思いたかったのに。もっとカタルシスと涙ちょちょ切れるような哀しみを感じたかったよ。もちろん無門の無念さや悲しみは伝わってるけどさ。
まあその辺もうちょっと映画として上手くやってほしかったと思うんだけど、時代劇としてはかなり新しい感覚で面白かったです。

築城されてすぐの百地の「爆破しろ」は薄々気がついてたけど意表を突かれて笑ったし(いや笑うとこじゃねえよ、マジ酷いよ伊賀の衆)、織田軍を襲う無門たちの活躍は丁寧に描かれてたから見てて楽しかった。それはホント。
ただ伊賀の衆のやってることはあまりに非道すぎて笑っちゃうのはあるんだけど、伊賀の忍びが主人公側だから最初は正義補正がかかってて、織田に攻められて伊賀の里は大ピンチっていう状況で伊賀を応援するよね?でもこれたぶん人として筋が通ってるのは織田軍だよね。伊賀を裏切って織田に付いた平兵衛のほうが正しいよね。この中で一番非道な輩はそれを目論んだ平兵衛の父親の下山甲斐なんだけど、平兵衛もなんで今までそういうところに気付かなかったんだろ?
そこら辺、どういう価値観で見るべきかをウヤムヤにしたまま、相手が織田軍だからといって痛快反撃娯楽映画として見るのが最後の最後、違ったーっと思わされては、どうしていいのかわかんないんだよw
あと無門とカネ目当ての仲間たちのユカイツーカイな反撃の間に平兵衛と下山甲斐の父殺しがあるし。いやあれは殺されても当然だけどさ。
それと一番微妙だったのはおそらく作者が一番言いたかっただろう伊賀の里を攻められた忍びの者たちは生き延びて散っていった…というのを現代にその血は引き継がれてるみたいなとこ。
原作にもあるとこらしいけど(しかもとても大事なメッセージ?)、正直その理屈まったくわからないです。現代のその辺に生きてる人はみんな人でなしの伊賀忍者の血を引いてるって、どういう意味?その前提がまったくわかりません。何か言いたいにしても人の心を持たない金至上主義のならず者傭兵軍団は現代にもたくさん生きてるってこと?それはあまりにも世間の一般大衆をバカにしてないかなあ?ってことで意味がわからないです。メッセージにしてももう少しいいようがあるだろよ。だったらオレは織田の側でいいよ、滅ぶけどw
あ、最後の最後、見てる間のあのナレーションは誰だったんだろうという謎が解けてよかった。そういうことだったのかというのが最後に海が見えるってことも含めてちょっと和んだ。
まあとにかく映画としては楽しいし娯楽エンタメ時代劇なのは確かなので、主演がジャニーズだとか関係なくオススメします。