そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

おんな城主 直虎#40「天正の草履番」

http://www.nhk.or.jp/naotora/
脚本:森下圭子 演出:渡辺一貴
 
虎松が主人公の完全に違う番組になったwwwもはや女城主でもないし直虎でもない。すでに時代は直政!(今は万千代)
あんな見事な草履芸を見せられたのでは松下の父上も認めざるを得ないではないですか。
というか、状況的に家康がいいと言って、むしろ虎松のことを後世たいした武将になると見込んでる以上、井伊も松下も何か言えるわけがないと思うのだ。いやもちろん最初は卒倒するくらいショックを受けてた松下の父上の懐の広さもだけど。本当に良い人だなあ(>紀行)
まあ結局なんだかんだ虎松の策略勝ちと言うよりは彼のポテンシャルが正しく認識されたがゆえの処遇じゃないかと。
なのでこれでいいのだ。
そしてこれからの爽快な虎松の出世劇のためにこそ今まで30何話分の井伊の小国ゆえの不遇とままならなさがあったわけで、この大出世が華々しいほどカタルシスがある…ってことよねえ。これから井伊は強国の事情に翻弄され抑圧された分を取り返すのか?歴史的な行く末確認というより直虎はじめ井伊の方々の気持ちの問題としてだけど。
それにしても虎松、つまり菅田将暉のドヤ顔力すごい(笑)柳楽のドヤ顔も相当な威力があったけどそういう意味ではドラマの見どころとして正しく引き継がれてるw
あと何気に伊之助の安定感すごいというか、彼なら虎松を押さえられるだろうという謎の安心感すごい(いろんな意味で)
そして来週のサブタイトル笑うwww