そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

北欧的おウチ照明

食卓の上で使ってた照明が暗いんじゃないか?ということに気がついて、ちょうどシェードも壊れてきてたところだしーと思ってやっと買い替え。
LE KLINT(レ・クリント)「172A」を買いました。

LE KLINT ペンダント KP172A

LE KLINT ペンダント KP172A

うちはまあよくありがちな、北欧テイスト+モダンアジアン&ちょっとだけ和風なんですが(いや相当統一感なく混在してる‥‥かな‥‥)、今まで使ってたやつはもうかれこれ10年くらい使ってたバリ雑貨のやつ。しかもこれ、たぶん確か相方がうちの実家に挨拶に来たついでに高知観光したときに、桂浜の土産物屋でなんでか売ってたやつだったと思う。なんでそんなとこでこんなかさばる物を買ったのかオレよ‥‥とは思うんだけど(^_^;)しかもバリw
それがこれ。結構好きだったんで長く使っちまったよ。
  点けるとこんな感じ
 天井に光が漏れてそれなりアジアンチックでいい感じ
 
北欧とアジアンテイストとはいえ、さすがに同じ部屋の中の照明がテイスト違うのはどうなんだとは思ってたんで(うちは間取り変更で1LDKにしたマンションなのだ)、買い換えるときは北欧系、というか20代の時から「オレいつかPH5 *1 を買うんだー、つか欲しいー」とぼんやり思ってたんですが、さすがにちょっとお高すぎ‥‥というか今もうこんな金額出せませんがな。こういうのはやっぱり引っ越したときの勢いで買うもんだよね。
ということでこないだコンランショップやらハンズやらあちこちウロウロして、相方的にもこれなら‥‥ということでレ・クリントにしました。
  点けるとこんな感じ
写真じゃ暗いけど、電球同じなのに実際すげー明るくなった!いったい今までどれだけ明るさをロスしていたのか?w 南方アジア諸国の夜がイイカンジに暗いのは、絶対ランプシェードのせいだと思うヨ!w
全体に白っぽくてプラスティックだから、光が拡散して相当明るいです。しかも意外と部屋にも馴染む〜
形はカッコイイとは思ってたけど、さすがに自分ちにこの形はどうだろうと今までわりとスルー気味だったんですが、全然大丈夫だった。この値段でもいいと思う人にはオススメ。

これでなんとなくリビングの照明は北欧テイストで統一された感じかなー。

左から引越し時に買った日本モダンなやつ(これはコンランで1万円行かなかったな)、172A、裸電球とトード・ボーンチェのガーランド(←これを巻きつけるのがヘタクソで‥‥;;)
ただこれ、なんかホコリ溜まりそうだからこまめにホコリは払わないとなあ。オサレ照明にうっすらホコリはカッチョ悪いよなw

*1:これの白。でも赤もいいなー。