そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

騎士竜戦隊リュウソウジャー#38「天空の神殿」

テレ朝:https://www.tv-asahi.co.jp/ryusoul/
東映https://www.toei.co.jp/tv/ryusoulger/index.html
脚本:金子香緒里 監督:柏木宏紀
『コウ… あなたならきっと…』

ガチレウス、マイナソーを生み出すくらい追い詰められてるってのも気の毒な感じー…と思ったけど、軟弱な人間より遥かに頑丈なのね。良かった良かったw
はいいとして、マイナソーを巨大化させるために俺を罵れ!って、すごいそんな隙間にまでネタをwwww ザコレウスwww
流れで入れてくるにしてはクレオンが公にガチレウスを罵り、あのガチレウスが怒るのを我慢してるというオモシロ展開(笑)ささやかだけど笑ったぜw
 
突然の天空神殿にもれなくラピュタは本当にあったんだ!とつぶやいてしまうけど、隠れ里にはもしかしてテレビも映画もないかな、そりゃラピュタ見たことないかもな。(でもバンバやトワは意外と村を出てからどっかで見てそうな気はする)
そして強制的にコウとカナロだけ天空神殿に。ホログラム?とはいえカナロがいつユノに言い寄るのかと思ってヒヤヒヤしたぜ。
しかし仲間か使命かと聞かれても最初からそこで悩まない人選を連れて行ったとしか思えないんでまあそこはそれって気はするんだけどさ。
コウは“仲間”って言うだろうし、カナロは当然“使命”って言うじゃんよ。(カナロの使命は嫁探し…じゃあないよね?)
そんな2人で戦いあって剣を抜けと言われても、仲良しだから一緒に抜くよって、そこもまあ当然だよねとしか。しかも試されてたし。仲間とl一緒に使命を果たすって、普段から言ってることそのまんまやん。だってみんな仲良しだもの。
むしろなんで剣の名前がリュウソウカリバーなのかと突っ込みたい。
そこもまあ最初から言ってる通り富士の樹海の隠れ里なのにいかにも洋風の衣装というミスマッチ感などなど、隠れ里の設定マジ知りたい。
ゼロワンの夜明けのアサルトシャイニングホッパーの返信ほどドラマチックではないけど、十分以上にカッコいいよ新フォーム。ノブレスリュウソウレッドとノブレスリュウソウゴールドって、だから何で6500万年も前からの空中神殿が英語由来のネーミングなのかw
で、コウには言わなかったこれからが試練の始まりって、なんでカナロだけに言った。嫁のことじゃあないよね?
 
予告。
おそらくケーキとサンタを消して実質的にクリスマスをなくそうというワイズルー様のエンタメ感満載な酷い作戦だと思うけど、 同時進行で命に代えてもお前らを倒すというガチなガチレウスとの温度差がいつもの戦隊の年末って感じ!w

仮面ライダーゼロワン#15「ソレゾレの終わり」

テレ朝 https://www.tv-asahi.co.jp/zero-one/
東映 https://www.kamen-rider-official.com
脚本:高橋悠也 監督:諸田敏
『人間とヒューマギアの未来は、俺が守る!』
 
ええ、滅が死んじゃったよ!てことはライダー滅の出番もこれで終了?高岩さん(違)退場なの?ええー?( ;´Д`)
ZAIAはやっぱりライダーを戦争兵器と考えてたね。そりゃそうだろうよ 、ギーガーみたいなの造ってるんだから。逆によくあれが世間で問題にならないなあ(前に表沙汰になったじゃん)この世界のマスコミどうなってんの?
そして滅は迅を成長させるための親だったんで迅が覚醒したらお役御免か。アークも酷いな。
てかアークって方舟って意味だろうけど(滅亡がキーワードだから)読み方のまんま“悪”ってのもあるのかな。
A.I.M.S.の滅亡迅雷.net壊滅作戦とか、お話的にはわりとどうでもいい感じ。だってたった2人しかいなかったのに今まで滅亡迅雷.netの本拠地すらわかってなかったんだよ?そして未だにデイブレイクタウンがずっと放置されてり理由もわからないし。
あとやっぱり組織としてのA.I.M.S.の描き方がどうにも納得いかないよ。これ内閣調査室つまり公務員のはずだし、ライダーとはいえいつも唯阿の言うこと聞かないで先頭切って私怨だけで戦いに参加する不破さんのどこが隊長なのか。マジでA.I.M.S.の戦闘部隊って誰が指揮してるのー?全く組織として成り立たないと思うんだけど。あとライダーシステムって結局どこのパテントなのか。
唯阿が技術職とはいえ、ZAIAという武器商人企業からの出向ってのも全く納得のいく状況ではないと思うんだが。その辺もうツッコミどころがわからないよ。
そんでさ、或人がヒューマギアは友達だという迅に、友達ならなぜイズを破壊したって言ってたけど、それあの時に迅が「滅がやられたのになぜヒューマギアのお前が何で笑ってんだ!」って言ってんじゃん。
「親を殺されたから」じゃダメなのか?いやオレが迅の気持ちを代弁するこたないと思うけどさ。
迅みたいなタイプが親が殺されたのに友達が笑ってたから傷つけたって、普通に筋通ってんじゃんね。それ感情が芽生えてるってことだし。
てゆーか迅は「友達を傷つけることは酷いことだ」をラーニングしてないだけで、単に子供とか今時の価値観の違う若者にしか思えんよ。見知らぬ友達よりずっと一緒にいた親の方が大事ってだけで。
なのに或人はイズは家族の絆を理解していたから尊くて それを傷つけた迅は酷いやつだって言うのかー。
おまけに昴にしても家族という概念を理解して悲しんだり悼んだりすると自我が芽生えるって、だからヒューマギアはシンギュラリティに達して自我が芽生えちゃダメなんでしょー?感情はあっていいのか悪いのか。
そもそも感情がないんだから悲しまないのは当たり前で、それがヒューマギアのマイナス点でもありメリットでもあるんじゃね?
イズはバックアップが取れないから本体再生しても同じイズは戻ってこないってだけで、だったらベテラン俳優の大和田伸也みたいに一から覚えればいいや…って話にはならんのかな。(さすがにそれはならんか)
まったくもってこの脚本が一番何が何やらだよ。
 
そしてやっぱりなんかわからない変身アイテム(アサルトなんたら)を使えるということがどういう意味かわかりません。なぜ使えるのかという以前に使えないと思うのはなぜ?って思っちゃいますよ。あとアサルトって元は滅亡迅雷のアイテムだよね。なぜ衛星ギアが?
不破さんは相変わらず許可もないのに変身するし。それもZAIA社長からしたら単なる武勇伝なのか(笑)
あ、でも夜明けと共に変身するゼロワンシャイニングアサルトホッパーはめっちゃカッコ良かった! (*゚∀゚)=3 ムッハー
諸田監督らしからぬ(褒めてる)カッコ良さ!日の出の変身は初めて見たかも。
一晩中戦ってたのかと思うとそれはそれでえーって思うけど。普通に人いたよね?
そしてスーアクさんたちはともかく高橋くんはあの夜明けの一瞬のためだけにあそこに行ったの?それはそれでお疲れ様です!ロケ大変だなあ…
 
予告。
やっとイズ・マーク2になるのかしら。

俺の話は長い#9

https://www.ntv.co.jp/orebana/
脚本:金子茂樹 演出:丸谷俊平
 
トンカツに対する満のその執着…というより、揚げたてを食べさせてあげないあの家族がどうよ。食べる10分くらい待ってやれよー。
結局トンカツは翌日のカツ丼に。オレ、トンカツよりもカツ丼の方が好きかも…と意味なく思った。美味しそうー。
 
2本目。綾子が断捨離目的で安値をつけて売り切りたいのは適正値段どうこうじゃないからいいんだけど、フリマで買ったものをその場ですぐ転売ってのはさすがにルール違反だと思うなあ。(ちょっとムカついてきた)
と思ってたら、そうかフリマの値付けと前の話のラーメンの話は前フリだったんだ!自分に対する値付けかー。高値をつけてくれる人がいいわけじゃなく自分が欲しい値段で買ってくれる、しかも向こうから買いに来てくれないといやだって、それはそれですごく傲慢かも。綾子の気持ちわかるわー。ムカつくわーw
でも500円は安いのか高いのか…いや安いだろー。
とにかく満のああいえばこういうの屁理屈はムダなスキルすぎる。活かせよ…ってことで結局議員秘書に面白みを感じてるのか?
いや満って結局何だかんだ保守的だよね。自分が知ってる仕事は想像つくけど知らない仕事に尻込みしてるだけじゃね?だからいつまでたってもやりたい仕事が見つからねーんじゃないかしら。自分の想像外のことにやりたいことがあるタイプじゃないかしら。議員秘書やってみればいいのに。
明日香さんからの伝言、「やれ」。オレもそれだと思った(笑)
ってことで前半のラーメン屋と占いの布石も回収。あーあ、もう最終回かー。満の明日はどっち向いて終わるのか。

同期のサクラ#9

https://www.ntv.co.jp/sakura2019/
脚本:遊川和彦 演出:南雲聖一
 
やっぱりというか必ず平泉成さんは出るのね(笑)
2016年に大失敗してじいちゃんも亡くして会社に行かなくなって事故に遭って昏睡状態、合わせて3年…にしても、その3年で仲間たちの伸び代すごい。まあよく考えたらみんな30過ぎてるんだもんな。そりゃ20代とは違うよな。
てことで取り残されてるサクラ。これはこれできついなあー。考えに考えていいこと言うつもりだったのに仲間はみんな想定通りにそれぞれ答えを出していた。
それはそもそも桜の撒いた種が育ったものではあるけど、3年間何ひとつ進んでないサクラからした寂しいよねえ。ああそしてみんな鍋パーティードタキャンするなよ。てか葵、みんながきてないのわかってて帰るとか言うなよ。
ここで故郷の島に帰ったらもうそのまま負け犬なんだけど、なんとか踏みとどまれるのか、サクラは。
いいけどコンビニとかサクラみたいに融通効かない人は厳しいね。オレもああ言うところでちゃんと働けてるってだけですごいって思ってよほどじゃない限りは親切な気持ちになれるよ。
せっかく立ち直って自分らしく面接を受けて雇ってもらえそうだったのに黒川副社長がやってきてサクラを花村建設に呼び戻すって、いいことでだよね?一応退職勧告を止めててくれたし(てかよく考えたら会社に対して直接的には貢献してないのに普通に待遇いいよなー)いいニュースは本当にいいニュース?でも普通に平泉成が社長のあの会社に就職してた方が良かったってことも?
こっちはここでいい話で終わらせてもいいくらいだったのに、サウsがに遊川ドラマでそんなことはないか。まだ試練なのか?
 
それにしてもあの斬新な形の保育園建設現場、本物だよね?保育園じゃなくてもあの形そのままじゃなくても実際の建物だよね?もしかしなくてもこの建築現場ありきのネタだったってことかーすごいなー

まだ結婚できない男〜#10(終)

https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html
脚本:尾崎将也 演出:三宅善重
 
感想書いてなかったけどもちろんずっと見てました。
もう1話くらいあるのかなーと思ってたけど意外と「え、ここで終わり?」って感じに終わったのはちょっと拍子抜けかなーと思ったけど、感想書いてないから気がつかなかっただけで10話もあったのね。
毎回そんなに話が進まないからこんなもんかなって思うのか、いやこのドラマは「間」が大事なんだけど。桑野のあの気持ち悪い笑い方の間とかなんともタマラン。真似したくなるw
というか桑野、前より確実にヤバい人だよ。歩き方おかしいだろ、どう見ても不審者ww
今回のやっくんのブログのやっくん、お一人様の達人だったけどサウナのシーンとかどう考えてもヤバい。怪しいローマ人すぎるよ阿部ちゃんwwそしてやっくん薬丸は微妙にそっちの方ですね?w
 
でもてっきり桑野のことだから有希江さんとくっつくのかと思いきや、やっぱり×なし独身同士ってことでまどかさんなのね。や、なんだかんだ言っても有希江さんって一度結婚してるだけに余裕があるというか桑野のいなし方が違うもんな(笑)
ただだからといってあの2人が結婚するとも思えんというか結婚したとしてもずっと別居してそうな印象。だって1人が寂しいってだけで1人でも困ってないし、ようはパートナーが欲しいってだけだしね。だからそこまで結論を出すのかと思ったけどさすがにまだ今の世の中的に そこまで言い切るのも難しいかー。(と思った)
あと前作の時と違って桑野53歳に見合うまどかさんはたぶん40代だろうから、子供のこと考えなくてもいいってのもなんとなく大人同士の恋愛な感じ。有希江さんも子供いないし。
それよりも英治はとうとう結婚したけどあんな女で大丈夫か?そもそも桑野のこと嫌いなのに大丈夫か?会社のパートナーだぞ?(世間ではありがちなのかしら)
いやそれ以前に相手のこと考えずに勝手に予定入れ、家庭内の約束事を破るような自分勝手さはあかんやろ。次のシーズンがあったとしても離婚してる気がしてしょうがないよ(そして弁護はまどかさんが)(どっちの?)
まあさすがに次はないと思うけど、あんな桑野でもちゃんと生きていけることになんか勇気を貰えるなあー。いいドラマだったw
 
毎回微妙に気になったのは行きつけのバーのカウンター(上の何か)お遊びアイテム。
埴輪の馬が動いてたのは何だったんだ?めっちゃ気になったけどなんのフォローもなくて逆にビックリだよw
あと前作ヒロイン女医さんはまだ中川病院にいるのかーというのがわかったり(結婚したはずだけど)、ライバル金田は田舎暮らしだの農業だのの本を出してたり、チョコチョコ前作のキャラの動向がわかるところも面白かった。
あとwikiみてて気が付いたけど、今回隣の部屋にいた早紀さん、お父さんの持ちマンションに住んでるって話だけど、前作の国仲涼子は叔父さんのマンションで、てことは売ったわけじゃなければ国仲涼子と今回の早紀さんはいとこ?

2019◎10月アニメ47

 

Dr.STONE#23

https://dr-stone.jp/
シリーズ構成・脚本:木戸雄一 監督:飯野慎也 キャラクターデザイン:岩佐裕子 原作:稲垣理一郎Boichi
クロムよ、カセキのじいさんは若い時に科学友達が欲しかったっていってんだよ、分かれよ。(ええ話や)
しかしよくありがちだけどこういう話の展開で真顔でそれをいうキャラって、わかってても恥ずかしいな!
時間経過は分からないけどあまりにあっという間に タングステンフィラメントが出来ててビックリだし、科学技術にオレがついていけねえ。
てか子供ら的に、こんなに簡単にことが運ぶって思っちゃっていいのかちょっと心配。
 

ヴィンランド・サガ#21

https://vinlandsaga.jp
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司、猪原健太 監督:籔田修平 キャラクターデザイン:阿比留隆彦 原作:幸村誠
レイフのおっちゃんがやっとトルフィンを見つけた!良かった、本当に良かった…
でもそれでトルフィンのこの11年間をどう思うのか、オレもレイフさんの歳に近いから気持ちはわかるけど否定しちゃダメだよ。トルフィンの11年を勝手にムダにすんなよ…と思わんでもない。
そしてヴョルンがー(つД`)
そうか、友達になりたかったのか…だったらじゃあアシェラッドの出自とか関係ないよな(と思いたい)なんかあの最後の言葉だけで胸が詰まるよ。
アシェラッド頑張れ。てかアシェラッドが王になればいい世の中になりそうだけどな。いや身代わりに奴隷を立てる自体(当時の常識だとしても)無理か。そういう世の中を変えたいのがクヌートだしな。( そしてクヌートは王になるし)

騎士竜戦隊リュウソウジャー#37「誕生!最強タッグ」

テレ朝:https://www.tv-asahi.co.jp/ryusoul/
東映https://www.toei.co.jp/tv/ryusoulger/index.html
脚本:金子香緒里 監督:柏木宏紀
『おや?君も心臓をもっていないのか』『あっ…、そういやなかったっすー』
 
今回もなんだか勝手に脱帽です(笑)
普通にコウとティラミーゴが仲違いって話かと思ったら、なんかいろんなことが斜め上に予想外な展開だった。微妙に小技が効いてて絶妙な展開の上手さが大変好みであったよ。
しょっぱなに言いたいけど、一郎くんがティラミーゴに喰われてるという先週の予告からの衝撃シチュエーションが、まさかの「頭隠して尻隠さず」だったとは…(苦笑)
あまりの子供の浅知恵ぶりに驚愕だし、どんなにティラミーゴが街で人気の歩く巨大マスコットだとしても(赤い猛獣ってw)、それを見た時のお母さんの取り乱しっぷりは決して大袈裟ではないよな。オレがお母さんでもそりゃビックリするわ。
そんなわりとトンデモ展開なのにストーリーはかなりまともに起承転結つけてて、普通に手堅く上手いなーとしか言いようがない。
一郎くんの気持ちもすごくわかるし言ってることもやってることも子供としてすごくわかる。(その顛末が頭隠して〜なとこがまたいい)
お母さんはお医者さんってことだけど、あれ特別ヒステリックなわけでもなくない?そりゃ医者にしたいのもわかるけど、肝心の一郎くんも勉強サボって遊んでた(なぜに水鉄砲?流行ってんの?)のを知られたくないというのもわかる。そして咄嗟の隠れ場所が口の中に頭隠して〜というのが、何というかオチとしてちょうどいいんだ。(オレ好み)
というか令和のこの時代ににまさか頭隠して〜をまんま見せられるとは思ってもなかったということが衝撃だよ(笑)

そしてお母さんは何でういちゃんの事情を知ってるんだろうと思ったらお父さんの掛かり付け?だとか、ちゃんと最後は感謝してくれたし、言うことなし。
あとまあよくありがちな「この人たちはいい人なんです」というういちゃんの根拠ない擁護が、これまでのこのドラマの展開からなんかすごく説得力があったんだよね。
普通は登場人物が「いい人だから信用して」って言ったら何言ってんのって思うけど、今回は彼らのやってることって「いい人だ」ってこと以外説明しようがないし。
だから京子さんは素直にういちゃんの言うことを認めて信じてくれたわけで、むしろういちゃんのあのセリフ聞いた時に説得力があることにオレがビックリよ(苦笑)
いいけど京子さんの反応からして、ティラミーゴが未だに勝手にティラ散歩してることといいこの世界でのリュウソウジャーの活躍ってどういうことになってるのかなあ。そこは真面目に気になるところなんだけど、街は毎回巨大マイナソーに壊されてもシャインラプターの力で元に戻ってる、もしかしてそこで起こった悲劇ごと戦い自体を丸ごとみんなの記憶から消してるってことなのか…?それはそれでちょっと怖い設定だと思うけど。(記憶操作だよ!?)

そして今回のマイナソー。近々大きな展開があるからなのかこないだの宇宙凶竜のせいなのか、製作費めっちゃ少なそうなマイナソー爆誕!でも何だか省エネデザインが愛らしい。
医者のお母さんから生まれたから白衣なのはわかるけど、騎士みたいな兜だと思ってたら出てきた手を見てオケラだとわかったよ!だから地下なのかー
しかも見えないミサイルは見えない場所にあるだけなので、そこにあるのに見えないわけじゃないからミエソウルでも見えなかったというね。
なんでもありなリュウソウルを逆手にとった…というほどでもないけど、結局その秘密を解いたのはアスナの耳というのもアナログ的でよし。
あ、あともしかして見えないミサイルと頭隠して尻隠さずは掛けてるとか?見えてるけど見えないつもり的な?だとしたらある意味すごい脚本だと思うけど(笑)
いやでもさ、どこから攻撃が来てるか分からない、でも着弾して爆発する見えないミサイル攻撃が実は地下からだったってのはともかく、ミサイルの飛んでくる音って…地下だぞ?てか爆発したら穴空いてないか?
そしてガチレウスのいうことはもっともだと思う。何で巨大化した(苦笑)マイナスのエネルギーを吸い取るのはほどほどにしとけばよかったのにねえ。
あとやっぱりプリシャスの鼻はどこか問題も突っ込んでおきたい。いろんなネタを無駄にしないその姿勢を見習いたい(何に?)
 
ところでプリシャスがクレオンに言った「君も心臓を持ってないのか」の“も”、さりげなかったけどプリシャス“も”心臓を持ってないってこと?それが意味することは?
あと尚久パパの胃カメラも何かのフラグじゃないよねえ…
 
予告。
夏映画の話を上手く使えていたとは思えないんだけど、それでもユノが再登場するのは予定通りなのかな?