そこがミソ。-ドラマや特撮感想などを気ままに

ブログ、感想は見た日の分にアップしたいので過去ログがいきなり埋まってることもあるってよ。

2019アニメ◎7月期新番組◎31

いや〜ガンダム THE ORIGIN、先週で最終回だって気がついてなかったYO!もっと見たいよーって人は原作を読めってことか?
 

Dr.STONE#7

https://dr-stone.jp/
シリーズ構成・脚本:木戸雄一 監督:飯野慎也 キャラクターデザイン:岩佐裕子 原作:稲垣理一郎Boichi
やっとOPで天空と一緒にいた子(クロム)が誰かわかったぜw じゃあしばらく大樹と杠は出ねーってことかーってか、これ何話までやんの?
 

鬼滅の刃#20

https://kimetsu.com/anime/
シリーズ構成:ufotable 監督:外崎春雄 キャラクターデザイン:松島晃 原作:吾峠呼世晴
強さの度合いがまだ把握できてないんだけど、義勇とかしのぶってなんであんなに強いの?人間とは思えん。
蜘蛛一家の話はなかなか狂ってて良かった。そしてそこでひきなの〜!おおお、早く来週…
 

ヴィンランド・サガ#7

https://vinlandsaga.jp
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司、猪原健太 監督:籔田修平 キャラクターデザイン:阿比留隆彦 原作:幸村誠
1012年って日本で言えば平安時代平清盛が生まれる100年くらい前か。そう考えるとやはり欧州の野蛮さときたら…
しかもヴァイキング(ノルマン人)の海賊たち野蛮すぎてどうかと思うけど、乗ってきた船を担いで山の上の方に夜通し登ってそのまま戦うってどういうこと?人間なの?
トルフィンは大丈夫なのかと思ってたけどやはり蛙の子は蛙か。さすがトロルの息子、全然大丈夫そうだね。仇を討つまで頑張れw
世界史、しかもこの辺の歴史には全く疎いけど、wikiを見るにヴァイキング=ノルマン人で今回出てきたフランク人は当然のちのフランスの人々のことで、つまりフランス北方のノルマンディーってのはノルマン人のノルマンってことなのか。やっと繋がった。ちなみに地元にノルマンディーで修行したケーキ屋さんがあってお気に入りなんだけど、焼き菓子ばかりだけど美味しいよ。(ノルマンディーは焼き菓子がメインらしい)

仮面ライダージオウ#48 「2068: オーマ・タイム」

テレ朝 http://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/
東映 https://www.toei.co.jp/tv/zi-o/index.html
脚本:下山健人 監督:柴崎貴行
『変身!』『仮面ライダーツクヨミツクヨミ〜♫』
 
祝え!最終回間際のこの瞬間、仮面ライダーツクヨミ、満を持しての誕生である!!(たぶんみんな心の中で言ったはず)
まさかの補完計画から数カ月、本当に仮面ライダーツクヨミ出ちゃったよ。おったまげ〜。スマートウォッチの次は普通にアナログなムーンフェイズ
ツクヨミ!ウォッチだ!君はもう持っている」というシチュがもう俺の中ですげー盛り上がった!(タイムパラドックス好き)
ウォズがジクウドライバーを投げてツクヨミの変身って、最高オブ最高。
まあバトルでも頼り甲斐ありすぎるツクヨミならそのうち変身すると思ってたよ。変身できて良かったね、しえりちゃんヽ(・∀・)ノ
今まで過去のライダーの力を得るために時には記憶をなくして何も知らない元ライダーの人たちに有無を言わさずウォッチを握らせ、今を変えてライダーの力を得てきたソウゴが、未来を変えるために未来にいる過去のツクヨミにウォッチを渡す、その瞬間ツクヨミはもうすでにウォッチを持っているというある意味パラドックスを利用した見事な作戦大当たり。
しかしそれもまたソウゴが仮面ライダーツクヨミを願ったからに他ならないとも言えるわけで。
未来を変えることができるのは今の自分だけというシンプルでわかりやすいこの展開、最高にエモいね。

んで誰もちゃんと説明してくれなかったからよくわかんなかったけど、ウォズの計画はツクヨミを変身させるってことだったんだ?あれよあれよという間の出来事だったけど、サプライズではあるけどカタルシスが…と思ってたら、東映公式で白倉さん自ら伏線回収の暇なんかないって言ってるし!えー!
まあ確かに延々とそういうとこ見せられるよりはアクション見たいけどさ。割り切りが潔すぎw
でもなんで途中2068年にトリニティになった?三位一体見せたかっただけ?
そして未来のオーマジオウの記憶にない2度目のソウゴとの出会い、そりゃ記憶にないだろよ、未来のことだもん…としか言いようがないんだけど、本当にソウゴが若きオーマジオウだとすると今のソウゴ=ジオウをオーマジオウは倒すことができないというのも時間のパラドックス確定してることではある。
そこがソウゴの勝機だとは思うけど、だったらじゃあなぜオーマジオウは50年後の世界を支配しようとしていたんだろ。何のために?という最初からの疑問。なぜソウゴはオーマジオウになったのか。本当にオーマジオウは常盤ソウゴなの?未来の時間軸は未だ1話のゲイツたちがやってきた時と変わってないと思うんだけど、結局ゲイツたちに過去を変えさせることを思いついたのは過去からきたソウゴだけど、それはゲイツたちが過去に行ったからであって…というコロンブスの卵展開。
というかオーマジオウの力は時空を破壊する力だっていきなり言われても。
ソウゴに時空を操る能力を与えたのはスウォルツで、でも過去のライダーの力を集められたのは映画でも言ってた通り”ソウゴだから“託してくれたんだよね。だったらやっぱりソウゴ自身に何か力があるってことだよね。それゆえソウゴは“王様”だってこと?王の資質とは一体。

そしてオーマジオウが何もかも無意味だっていうのはその世界の融合と破壊に関係してるってことになるのかしら。何かがあったから2068年のソウゴはオーマジオウとなり世界を支配しようとしていたって事で、それはゲイツたちからすれば最低最悪の魔王って事なんだろうけど、じつはそこにこそ理由があるってことにもならないかしら。あの未来は世界が一本化された世界なの?
世界の融合ってあの未来では世界の融合はそもそも起こってないのかなあ。東映パラドックスの理屈だとそれもありそうなんだけど。(物事が起こった瞬間に時間軸が書き換わる)

ところで「その手があったか」で「過去に飛べばいい」というはっそうは間違ってないけど、それを実現できるあの時代は。湊ミハルが来たからタイムマジーン自体は2050年代からあるってことだけど、だったらもっと早よしとけよって思わんでもない。なぜ今思いついた。
オーマジオウの「面白い、だが無意味だ」はディケイド、海東兄のセリフ、「感動だな。だが無意味だ」オマージュかなあ。まあ今そこにディケイドもいるからオマージュもクソもないけどさ。
しかし海東は士のピンチには必ず駆けつけるな!下手したら、いや確実に先週の士が死んだ時も士は絶対海東が生き返らせに来るって知ってたよなあ(笑)
この最後のタイミングでチェイスを出したのも、よくよく考えなくてもとても酷い話、妹の能力に嫉妬した兄が妹を殺すというシチュに対して、人間の心、人間とは何か?を問いかけたチェイスがそのツクヨミを庇うのはまさに人間を守って戦う仮面ライダーそのもの。
そしてロイミュードでありながら人間になりたかったチェイスに友がいると告げるゲイツもまたエモい。何度も死ぬチェイスを見るのは辛いが友がいると知って消えるチェイス、良かったね…(;ω;)
ゲイツからしても詩島剛の友は友なんだね。
ああ本当に来週が最終回なの?いつもスピンオフだの冬映画だのあるにしても1年がもうすぎたとは思えない。まだ半分くらいにしか思えないんだけど。
たぶん補完計画のせいもあるけど、きっともっといろんな面白ネタもあったはずだよなあ。もっと見たかったよジオウ。本当に来週で終わり、一区切りなんだ… (´0ω0`)
 
予告。
ツクヨミが裏切った!?というとこまでがウォズの作戦だと思いたい。しかしなにがどうなればこの番組の上がりなのか。叔父さんはやっぱりライドウォッチ直してたし、でも本当に後30分で終わる?ソウゴくんは王になれるの?
いいけど終盤、ディレクターズカットで出してくれんかなあ。カットしてんだよねー?

TWO WEEKS #5

https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html
脚本:山浦雅大 演出:本橋圭太 原作:『TWO WEEKS』(韓国MBC製作ドラマ)
 
たまたま川に落ちて流されてきたのを子供に拾われたらお父さんは昔の顔見知り、しかも最初の冤罪の関係者だったという偶然。そんなわけあるかーい!∑(゚Д゚)
てか大地の落ちたとこって竹芝桟橋からちょっと逃げた辺りだよね、そこから落ちてどこかと思ったら千葉まで流されたの?よく生きてたなあー。
というかさ、有馬もいくら警察だからと言って勝手に人んちはいるのは不法侵入だろよ。言い逃れできんし、千葉だとしたら普通に管轄外だろ。
威嚇射撃とはいえ普通に発砲しようとしたり、まだ罪が確定してない容疑者?被疑者?段階の人間のいうことも全く取り合ってくれないしこの世界の警察どうなってんだ。

それはともかく室岡(村上淳)が言ってた柴崎の後に黒幕がいるって、まあそんな気はしてたけどそれがもしかして久我(黒木瞳)とか?もはや完全に登場人物 DE パズル。
たぶん9年前に久我が柴崎と組んで議員になったとかで、大地が冤罪被ったのも知ってたんだけどあえて見殺しにした、でも今は議員になったから過去を知る柴崎は不要になりなんとか始末したいと思ってる、だから楓の正義感をうまく利用して柴崎の弱みを探って亡き者にしようと画策しているとか?そうに違いないよ!
あとまあやっと楓と大地が接触できてよかったひと安心。
そして室岡の息子の晴人くんはかわいいなあ〜 ( *´∀ `* ) ちょっと寺田心くんに似てるね。このドラマは子役ホイホイだねw

わたし旦那をシェアしてた#5,6

https://www.ytv.co.jp/danshare/index.html
脚本:仁志光佑 監督:湯浅弘章(5話),瀧悠輔(6話)
 
先週から急に話が動きすぎてたのに感想書きそびれてたわ。
ほのぼのミステリーがいきなり荒事のガチ暴力沙汰に展開。それもこれも森のせいだけど、えーと結局森が予想以上にひどいキャラだったって事?そのまんま北神谷町未解決〜の真犯人でいいの?あまりにストレートすぎて逆に疑わしいんだけど。びっくり。
でも森がそういうやつだとして、なぜ恭平と知り合いだったの?これから明らかになるの?
シェアハウスに堂々と乗り込んでくるってのもわからないよ。無痛症のサイコパスは常識通じないってことならそれはそれでOK。
松田は結構頑張ったけど、冷静に考えて恭平の殺害に関与してるから何らかの罪には問われるよねえ。心配。それはともかく普通にグレてたどころじゃない窃盗暴行の常習犯ってのもやっぱり意外すぎ。
そして文江さんは予想通り恭平の母親でしたー。でも外科医って、そういう属性つけてくる?まあとにかく死ななくてよかった。普通死んでると思うよ…
だとすれば晴美・加奈子・茜の3人のうち誰が本命だったのか知りたいってのは分からんでもないが。
そこから恭平の真実、裏の顔ってほどじゃないけど子供の頃からの難病と余命宣告、晴美を助けるに至った経緯とか、そもそも生まれ変わったように事実婚妻3人囲ったり、北神谷町事件に関わったりとか、どゆことなのか。
佐伯は自殺?な訳ない気もするけど誰にやられたのか。森…がやる暇はなかったと思うけど森の口封じだとすればあいつすげーな!殺人マシーンかよ。
 
でもって妻〜ずたちと恭平さんの出会いから、今さらながらに各家庭での天谷恭平像にズレがあるって気がついた。おせーよ。
そして予想外の方向から明らかになったのは恭平さんと神谷町未解決事件の関わりと、それより重要っぽい松田との関係。
秀ちゃんのお姉さんと友達はいいけど弟がいるって知らなかったのかな?松田弟が森の計画に乗ったのは偶然っぽいけど、それって例のサイトの書き込みのせいかしらね。事件の犯人だと思ったとか?
いやそれよりわりかしキャラクターの描写が生きてるこのドラマで恭平のお父さんが北神谷町未解決事件の被害者だったって話さ、恭平の父親ってことは母親である文江さんの夫ってことだよね。回想シーンで画面に見切れてる女の人って文江さんだよね?文江さんは夫が殺された事件に対して何も言わないのはなぜ?仮に離婚してるにしてもすごい違和感。文江と恭平がずっと生き別れ状態だったことも関係が?
そうやって事件を調べてた恭平がその真犯人の森に殺されて、なんかよく分からないけど何かのカギになるものが殺された当日買った指輪って事で、その指輪は鑑定書しか残ってなくて指輪自体はどこかに行ってしまった…ってのが謎になってんだよね?そもそも宝石店からさらわれるまで結構時間経ってるよね。劇中でその重大な謎には誰も気がついてないっぽいけど。あと道連れってどういうことかと。
妻〜ずと文江さん、松田、塚本刑事それぞれが知ってることと問題にしてること、目的がまったくバラバラで変なミステリーだなあ。面白いけどこのドラマはどこに向かってるの?何で笠原先生まで殺されちゃったのか。
あと闇サイトの書き込み改ざんのやつ、さすがに録画消しちゃってたから確認できないけど、あの闇サイトって管理者は別の人だったよねえ?森に殺されたんだっけ…?元の書き込みもさすがに忘れたよ。タイトルくらいしか書いてなかったんだっけ?(うろ覚え)
でも時々入るやりとり、今回の車椅子の塚本刑事が強がって「立とうと思ったら立てる」「無理しないでくださいよ〜。何で立ったのよ〜」から「じゃ帰るわ」で引きとめないの、この辺のやりとりはずっと妻〜ずを疑ってる塚本(その割に決定的に怪しい証拠もない)と、意外とお人好しな晴美や加奈子たちの考えてもすげー好きだっし和むわ〜w

騎士竜戦隊リュウソウジャー#21「光と闇の騎士竜」

テレ朝:https://www.tv-asahi.co.jp/ryusoul/
東映https://www.toei.co.jp/tv/ryusoulger/index.html
脚本:山岡潤平 監督:加藤弘之
『美しい…、フリーですか?』『フリーっていうか…、一度死んでますけど』『ありです』
 
セーラー戦士が蘇った!いやむしろ生まれ変わり?タキシード仮面様(>マスターブルー)はどこ?(笑)
ういちゃんのお母さんの行動を見るに死んだ人間が蘇る法則がさっぱり分からないんだけど、まあお盆ネタからなーというボンヤリした感想。だったら劇中でも完全にお盆ってことにすればいいのに。(てか劇中時間軸は現実とシンクロしてんの?)このお母さんの状況もよくわかんないんだけど、自分が死んだことは覚えてるの…?
しかもマスターブルーやレッドは蘇ってないのにピンクだけ蘇ってて、でも死んだ認識はあるんだよね?どういう状態?タピオカ流行ってるのは知ってたんだw んで消えた魚や牛の分の数だけ黄泉がえりなのか。命の等価交換!
そしてこの現象でタンクジョウが戻ってきたってことはタンクジョウ様は本当に死んでるのね…
クレオンはワイズルー様とのコンビが一番面白いと思ったんだけど、やっぱり基本的にはタンクジョウ様が好きなんだ。
それはいいんだけど、セトーのことといい新しい騎士竜、シャドーラプラーとシャインラプターといい、今回蘇ったマスターピンクがいないと話進まなかったよね?それはどうかと思うんだが。
そして、え、シャインラプターは街の被害を元どおりにすることが出来るってー!?どういう理屈??
しかもちょ、まって、コウさん。俺たちにもっと力があれば…とかそういう問題じゃなく、今までの街の被害ってどういう認識だったの?意味がわかんないんですけど。これからはシャインラプターがいれば街中バトルやり放題ってこと?
えっと、バトル時の街の被害を語るなら今までの戦いで少しでも街に被害を出さないようにしてたとか、その被害に心痛める描写があっても然るべきでは?
つか実際どう見てもティラミーゴとか巨大化して戦って街壊してて、それが街中をヒグマのように練り歩いてるわけだよね。反リュウソウ族とか追放活動とかないの?設定っつか世界観どうなってんの?
話は普通に面白いんだけど、いろいろ気になりすぎる〜
おまけに尚久さんにそっくりのセトーは尚久さんじゃない…って以前にその「祭」の鉢巻きは一体!?
セトーとは一体何者?ってことが頭に入ってこないよー
ところでよくある買い物袋から果物が転がってそれを拾って…って描写、よくありがちなオレンジなら皮が厚いからいいんだけどリンゴだと転がったら傷だらけになるよね。転がすのには向いてないよね。なんでリンゴ転がした?(そこからして気になって)
 
予告。
あ、続くんだ。

2019アニメ◎7月期新番組◎30

今週のキャロル&チューズデイ、話は特に面白いわけじゃなかったけど先週に引き続きレジェンドアーティスト回。フローラさんの声が林原めぐみだって気がついた俺のダメ絶対音感スゲエw いや林原さんくらいならあの喋り方あの声音でもわかるけど、前回の山寺さんのと同じくやっぱり今まで聞いたことない声だったわー。
あとビジネスフィッシュ終わっちゃったー。12話で終わりだよね?魚脇の主役としてのアイデンティティを探す旅だったのか…
 

Dr.STONE#6

https://dr-stone.jp/
シリーズ構成・脚本:木戸雄一 監督:飯野慎也 キャラクターデザイン:岩佐裕子 原作:稲垣理一郎Boichi
やっと天空が主人公だって信じられるようになってきたw
それにしてもみんな頭良すぎ、回りすぎ!
 

鬼滅の刃#19

https://kimetsu.com/anime/
シリーズ構成:ufotable 監督:外崎春雄 キャラクターデザイン:松島晃 原作:吾峠呼世晴
原作読んでないからこのタイミングでなんでこんなに盛り上がってるのかよく分からないんだけど、すごい神回。水の呼吸からのヒノカミ神楽へのあの流れと禰豆子覚醒の盛り上がりスゲえ。3、4回前からバトルシーンの作画が神がかってんだけど今日のはまた凄いな!
つーかあの耳飾りはオシャレじゃなかったんだ。家族のエンディングが…!いや原作もこの順番の見せ方なの?炭治郎のお父さんがそう言う人だったって今初めて知った気がするよ?そもそもいきなり家族殺されてたから炭治郎の人となりもさっぱりわからないままここまで見てきたんだけどさ、そもそも炭治郎も禰豆子も家庭での教育が良かったって話なの?(違)
それにしても伊之助のバカっぷりはあらゆる意味で斜め上ですげえぜ…善逸も助かって良かった。
 

ヴィンランド・サガ#6

https://vinlandsaga.jp
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司、猪原健太 監督:籔田修平 キャラクターデザイン:阿比留隆彦 原作:幸村誠
トルフィンが荒んでいくよ…( ;´Д`)
 

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星#13(終)

http://www.gundam-the-origin.net
https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=gundamtheorigin
監督:今西隆志 脚本:熊沢克之 キャラクターデザイン:安彦良和、ことぶきつかさ 漫画原作・総監督:安彦良和
とうとう1年戦争が始まった。ホワイトベースに乗り込むことになるメインキャラクターが期せずしてサイド7に集まってきてるんだけど、ファーストガンダムの1話に感じてたヒーロー感?これから物語が始まるというワクワクした気分になれない…
結局デギン公だけが戦争をやめてもいいと思ってただけで他の奴らはみんなそうではなかったし、それを意識してなかった開発関係の人たちも要はこれからが本番って気分満々だったってことか。たしかにここで戦争が始まらなきゃガンダムも陽の目を見ないしせっかくの最新鋭新造艦ホワイトベースも活躍することはなかったってことか。そう言う気分で戦争は始まるんだなと思わされた今回だった。安彦さんの捉え方は富野監督とはまたちょっと違う角度でリアルだなあ。

仮面ライダージオウ#47「2019:きえるウォッチ」

テレ朝 http://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/
東映 https://www.toei.co.jp/tv/zi-o/index.html
脚本:下山健人 監督:柴崎貴行
『大体わかった。この世界を…破壊する…』
 
夏映画が公開される前にスウォルツは自らの目的はこの世界の王になるため全ての平成ライダーの力を手に入れるためにソウゴを王に選んだと言い、その理由はライダーの力を一つにまとめて他の世界を滅ぼすため。
夏映画のクォーツァーのリーダーである常盤SOUGOは平成ライダーの力を常盤ソウゴに集めさせそれを奪って王になるって言ってたよね。よくある複数の敵の力をひとつにまとめてそれに勝ったら俺の勝ち、みたいなやつ。スーパー戦隊最強バトルか。
集めた力の使い道が違うってのと他の世界が絡むかどうかはあるけど、映画の最後でいつものソウゴたちの日常が戻ったことや(ネタバレなのでぼんやりさせとくけど)ウォズが破ったはずの逢魔降臨暦も元どおりだし、でも今回のゲイツは詩島剛のことを知ってる、つまり夏映画の時間軸は公開時の時間軸45〜47話の間だってことは映画自体が「あったはずの可能性の世界」ってことでいいのかな。いいんだよな。

どちらにしても世界の終わりまであと3ページ(3話)らしいのでどっちが真の最終回とか関係ないか。(というか龍騎や剣の時みたいね、どうしてももう一つの最終回やりたかったんだねw)
10年目のディケイドと同じく今回もなんかわからない平成ライダーの世界の危機。士が世界の破壊者として10年経っても最大限効果的に使われてることとといい、東映さんの仕込みには恐れ入るよ。
そんな士がまさか死んだー?と思わせといて、すかさず海東が生き返らせたのはちょっと笑ったw 本当に一瞬だけ死んだ門矢士よ…。
10年前はそれぞれの世界を破壊するかどうかを決めるために、結果として世界と仮面ライダーを再解釈して別の形で存続をさせたディケイドが、今度は一つの世界のために他の世界を滅ぼして時空の王に俺はなる!と言うスウォルツの野望を阻止することになる…というのは、そもそものディケイドの役割としても間違ってなく、結局門矢士はその世界の生殺与奪を握ってることに変わりはないってことじゃない?どう考えてもスウォルツよりも格上だよね。まあライダーだしな。バナナはおやつに入らないらしいけどそこにどんな深い意味が?(あるの?)
どちらにしてもこの世界、ライダーじゃないスウォルツの言ってることに正義はないのでな。(そこ?)
それにしても世界をまとめるためにはライダーの力をまとめればいいって、世界存在の基準がなんでライダーなのかwww
いやそもそもスウォルツやツクヨミたち一族がなんなん?彼らの世界が滅ぶってどういうことなのか。むしろ世界を滅ぼすのは門矢士の役割じゃん。
10年前(仮面ライダーディケイドの世界)のことを考えると世界が滅ぶのは門矢士が世界の再解釈をしなかったから…というか、ライダーの力で成り立ってる世界というならスウォルツの世界にも仮面ライダーがいるはずなのに滅ぶってことは仮面ライダーがいない、もしくはいなくなったってことなんじゃないのか…?
ソウゴたちの世界とスウォルツの世界の関連とは。
あとこの期に及んで出てきたチェイスは一体。仮面ライダーがいないことにされてる世界なのに仮面ライダーを付け狙うチェイス。確かに今この状況の世界の矛盾をわかりやすく体現してくれてるけどさ。
矛盾というより剛との関係性で自分の存在意義を思い出すんだとすれば、それはたしかにチェイス以外にはないチェイスアイデンティティなエモーション。
というかグランドジオウの力も維持できなくなったソウゴのジオウ。奪ったライダーの力のせいでそれぞれの世界/時間軸では仮面ライダーはいないことになり、ライダーがいないから敵もいなかったはずなのに敵だけが復活ってことの意味の謎…が今後の展開?結局なぜソウゴは仮面ライダーの力を手に入れていたのか。全てのライダーの力を持つことの意味とは?

ところでライドウォッチが破壊されたのを叔父さんがすごく意味ありげに2回も見てたの、なんかの伏線?この期に及んで叔父さんに何か実の正体があるの?
あ、それとも壊れてるから勝手に直しちゃうってこと?直せるの、叔父さん…直せるか、叔父さんなら(笑)
 
予告。
てことで叔父さんがやっとソウゴくんがジオウだって知るってことなのかな。でもそもそも叔父さんは仮面ライダージオウゲイツも知らないよね?店から外に出てないんだから見たことなかったよねえ?その叔父さんがとうとう外に出る?
 
そして!ああ、変わるなら絶対このタイミングだろうな〜とは思ってたけど…
高岩さん、長い間おつかれ様でした~!